無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ミシガン州にある「城」が約3億5000万円で売り出し中

ミシガン州ロチェスターにあるルブラン城。

ミシガン州ロチェスターにあるルブラン城。

Courtesy of Nick Asplund, Lux Partners Global

  • ルブラン城はミシガン州デトロイトから北へ30分ほどの町、ロチェスターにある1万平方フィート(約281坪)の特注物件だ。
  • この城は5階建てで26部屋あり、ワインセラーや秘密の通路などもある。
  • 6エーカー(約7651坪)以上の土地に建てられた城は250万ドル(約3億4780万円)で3カ月前から売りに出されている。

64歳のブレント・ゲートクリフ(Brent Gatecliff)は、自分が城を所有するとは想像もしていなかった。

現在に至るまで、彼はデトロイトから北へ車で30分の場所にある 「ルブラン城(The LeBlanc Castle)」 と呼ばれる、5つの寝室と7つのバスルームを備えたこの邸宅で一晩も過ごしたことがない。

ミシガン州ロチェスターのビクトリア・ヒル・ドライブ2009番地に位置するこの城は、広さ6.25エーカー(約7651坪)の敷地に建つ1万平方フィート(約281坪)の5階建ての建物だ。秘密の通路や木製の跳ね橋、堀といった古典的な設備は、15世紀の中世のスコットランド中世を彷彿とさせる。しかし、セントラルヒーティング、ジム、防火システムなど、現代的な設備も整っている。

ゲートクリフは、その名を冠した城を最初に設計・建設したジェームズ・ルブラン(James LeBlanc)と2015年に業務提携を結び、城を所有することになった。

ルブランは当初、1991年に城を建てるための土地を購入したことが、公文書に記載されている。その後、ヨーロッパに何度も旅行し、城の建築に関する本を何冊も読んで勉強して、この家を設計した。サザビーズ・インターナショナル(Sotheby's International)で、ゲートクリフの代理人を務めるディラン・テント(Dylan Tent)によると、この城の建築には6年近くかかり、費用は1050万ドル(約14億6000万円)にのぼったという。

ゲートクリフによると、この家はルブランが妻となるヴェラ(Vera)に贈る婚約祝いだったのだという。

ゲートクリフによると、ルブランに出会った当時の彼の健康状態は悪く、この物件の支払いに苦労していたという。そこで、ゲートクリフはルブランが月賦で返済することを条件として彼に90万ドル(約1億2500万円)以上を融資し、この家を維持することに同意した。ルブランは2022年5月に73歳で亡くなるまで、その支払いのほとんどを行っており、彼の死後はゲートクリフがこの土地を所有することになった。

「ジェームズは驚くほど賢い人だった」とゲートクリフは話す。

「私は家を失いそうになっている人を助ける機会だと思っていた。やがて私は彼と友達になった」

ゲートクリフによると、初めて会った時には、ルブランとはほとんど赤の他人にだったのにもかかわらず、多くの共通点があったという。例えば、2人ともミシガン州のレイク・オリオンで事業を営んでいた。ゲートクリフはパイプ・システムズ(Pipe Systems)という機械資材の会社を、ルブランはアドバンスト・ディフェンス・ビークル・システムズ(Advanced Defense Vehicle Systems)という軍関係の請負会社を経営していた。ゲートクリフによると、2人が出会った後、彼はルブランが担当していた軍用車の部品調達を手伝ったこともあったという。

この城を手に入れて以来、ゲートクリフは家の設備をいくつか新しくしたという。彼は温水ヒーターを交換し、6台の新しいストーブと、6台の新しいプログラム制御可能なサーモスタット(温度自動調節器)を追加した。

ゲートクリフは、この城の所有権取得後、複数の買取オファー受けているが、今のところどれもうまくいっていない。この城は現状のままで販売されており、その価格には当時の家具がすべて含まれている。現在は交渉が進んでいるものがあり、早ければ2022年12月中旬に契約が成立する可能性があるとテントはInsiderに語っている。

「この家を建てるために費やされた質の高い職人技には本当に驚かされる」 とゲートクリフは言う。

「象嵌細工、アンティークのシャンデリア、大工が手掛けたオーク(ナラ材)の天井を見れば一目瞭然だ。本当に素晴らしい」


この城の外観は15世紀のスコットランドの城を模しており、跳ね橋や堀も完備している

ルブラン城外観

ルブラン城の外観。

Nick Asplund


ルブラン城の入り口には、中世の城門のような木製の落とし格子がある

ミシガン州ロチェスターにあるルブラン城の入り口の落とし格子。

ミシガン州ロチェスターにあるルブラン城の入り口の落とし格子。

Courtesy of Nick Asplund, Lux Partners Global


玄関の中には騎士の甲冑が飾られている

ルブラン城の玄関脇に飾られている西洋の甲冑(鎧兜)。

ルブラン城の玄関脇に飾られている西洋の甲冑。

Courtesy of Nick Asplund, Lux Partners Global


正面の通路は、王の晩餐会を開催するにも十分な広さのダイニングホールに通じている

正面通路

Nick Asplund


2階へ続く階段の手すりには手彫りの彫刻が施されており、階段には王室のようなレッドカーペットが敷かれている

階段

Nick Asplund


ベッドルームの一つには、ベッドの上の天窓や、周囲の森を見渡せる小さなバルコニーもある

メインベッドルーム

Nick Asplund


深い赤が基調になっているベッドルームもある

赤い寝室

Nick Asplund


メインバスルームには、八角形のバスタブ、シャンデリア、アンティークの照明器具が設置されている

ルブラン城の八角形のバスタブが特徴のバスルーム。

八角形のバスタブが特徴のバスルーム。

Courtesy of Nick Asplund, Lux Partners Global


階下には秘密の洞窟、ワインセラー、大きな自動車も収容できるガレージなどがある

ガレージ

Nick Asplund


バーには、ルブラン城を建てたジェームズ・ルブランの名前が刻まれている

城を建てたジェームズ・ルブランの名を冠した個性的なバー。

城を建てたジェームズ・ルブランの名を冠した個性的なバー。

Courtesy of Nick Asplund, Lux Partners Global


下の階にあるバーは、象眼細工やむき出しの梁などがあり、クラシックなイギリスのパブのような雰囲気を醸し出している

バー

Nick Asplund


城の地下には地下通路も張り巡らされている

ルブラン城の地下に張り巡らされた地下通路。

ルブラン城の地下に張り巡らされた地下通路。

Courtesy of Nick Asplund, Lux Partners Global


城の外にはゲストをもてなすのに完璧な広いパティオがある

ミシガン州のロチェスターにある中世をイメージして建てられたルブラン城。

ミシガン州のロチェスターにある中世をイメージして建てられたルブラン城。

Courtesy of Nick Asplund, Lux Partners Global


ルブラン城はゲーテッドコミュニティ(安全を確保するために周囲を塀などで囲み、出入りの制限された居住区域)内にあり、敷地は6.25エーカー(約7651坪)ある

私有のゲートコミュニティ内の6エーカーの敷地に建つルブラン城の航空写真。

ゲーテッドコミュニティ内の6エーカーの敷地に建つルブラン城の航空写真。

Courtesy of Nick Asplund, Lux Partners Global

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み