無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ベースフード上場、完全栄養食のサブスクで時価総額350億円超え。ビジネスモデルの「稼ぐ力」を検証

会計とファイナンスで読むニュース

編集部撮影

11月17日、ベースフード株式会社(以下、ベースフード)が上場を果たしました。

ベースフードは、パン、パスタ、クッキーといった完全栄養食(※1)をECやコンビニで展開しているスタートアップです。

公募価格は800円、これに対して初値は710円といわゆる「公募割れ」にはなったものの、時価総額は350億円を超えています。グロース市場の上場時の時価総額の中央値は80億円前後(※2)ですから、今回のベースフードの時価総額はかなり大きいことが分かります。

なぜベースフードの時価総額はこれほど高く評価されているのでしょうか? それを実現している同社のビジネスモデルにはどんな秘密があるのでしょうか? 前後編の2回にわたり、会計とファイナンスの観点から考察していきましょう。

ありそうでなかった完全栄養の「主食」

まずはベースフードのアウトラインを把握しておきましょう。

ベースフードは2016年4月に設立され、翌2017年2月には完全栄養のパスタ「BASE PASTA」の販売を自社ECにてスタートさせています。

その後、2019年3月には完全栄養のパン「BASE BREAD」を発売開始。ここまではECのみの販売でしたが、2020年11月からは店頭販売も始め、2021年3月には関東のコンビニにも置かれるようになっています。ベースフードのパンやクッキーをコンビニで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

図表1

(出所)ベースフード株式会社「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」よりキャプチャ。

ベースフードの創業者である橋本舜氏は、新卒でDeNAに入社し、ゲームプロデューサーや新規事業の立ち上げを経験しています。その際には仕事に没頭しすぎ、居酒屋やファーストフードで食事を済ませることが多かったそうです。

忙しいとどうしても外食やコンビニに頼りがちになります。こうなると栄養や健康面が気になるところですが、素人が栄養をバランスよくとろうと思っても簡単なことではありません。そこで橋本氏は「誰でも簡単に健康的な食生活を実現できないか」と考えたのです。

橋本氏が起業を考えた当時から「完全栄養食」と呼ばれるものはすでに存在していましたが、これらの多くは効率的な食事を目的にしたもので、必ずしも健康寿命について考慮されているわけではありませんでした。そこで橋本氏は「完全栄養の『主食』」というコンセプトを思いつき、これが現在のベースフードの誕生へとつながりました(※3)。

売上高は伸びているがまだ赤字

そんなベースフードを分析するにあたり、まずは売上高と利益を時系列で確認しておきましょう(図表2)。

図表2

(出所)ベースフード株式会社「新規上場申請のための有価証券報告書」(Ⅰの部)をもとに筆者作成。

2020年から2022年の2年間で売上高は13倍以上と、まさにスタートアップらしい急成長を遂げています。一方の利益はというと、実は創業以来赤字続きです

赤字の要因を突き止めるため、次にベースフードの利益構造がどうなっているのかを見てみることにします(図表3)。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み