無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップルが中国でAirDropの機能を制限…「ゼロコロナ」抗議デモ参加者は重要なツールを失った

厳格なウイルス対策に怒った抗議者たちは、中国の指導者の辞任を求めた。

厳格なウイルス対策に怒った抗議者たちは、中国の指導者の辞任を求めた。

AP Photo/Ng Han Guan

  • アップルは11月初め、中国でのAirDropツールの使用を制限した。
  • AirDropによる共有を最大10分間に制限するこの規制は、中国だけのものだ。
  • この週末に厳しいゼロコロナ政策に反発するデモが中国の多くの場所で発生した。

中国全土で反政府デモが拡大し続ける中、デモ参加者が情報を共有するために使用する重要なコミュニケーションツール、アップル(Apple)のAirDrop機能が制限されている。

2022年11月26日からの週末に厳しいゼロコロナ政策に対する大規模な抗議が始まる数週間前、AirDropは習近平国家主席と中国政府に反対するポスターの共有に使われたことで、すでに規制が行われていた。

11月7日に9to5Macが最初に報じたこの規制には、iPhoneユーザーがAirDropで誰からでもコンテンツを受け取ることができる時間をわずか10分に制限することが含まれている。

通常、ユーザーはAirDropでコンテンツを全員から無制限に受信することを選択できる。このツールはデモ参加者の間でデモの情報を共有するために使用されており、2019年の香港でのデモでは、中国の「グレート・ファイアウォール」を迂回するために極めて重要な役割を果たしてとQuartzは報じている

アップルはInsiderのコメント要請に対してまだ回答していない。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み