無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


マスク氏を支持していたが、解雇された…感謝祭の前夜にツイッターをレイオフされた日本人エンジニア

11月18日、イーロン・マスクはソフトウェアエンジニアに、過去6カ月間に書いたコードの箇条書きを電子メールで送信するように要求した。

11月18日、イーロン・マスクはソフトウェアエンジニアに、過去6カ月間に書いたコードの箇条書きを電子メールで送信するように要求した。

Getty Images

  • ツイッターのエンジニアであったイハラ・イクヒロさんは、感謝祭の前夜に解雇された。
  • イーロン・マスクが掲げる「ハードコア」な業務姿勢という「ツイッター2.0」を支持していたイハラさんにとって、解雇は衝撃的だった。
  • イハラさんは、​​恨みはしないが、現在ビザの問題を抱えている元同僚に同情すると語った。

以下は、ツイッター社に勤務していた機械学習エンジニアであり、感謝祭の前夜に解雇された日本人、イハラ・イクヒロさんからの聞き語りを文書化したものだ。

私を解雇するというメールが届いたのは、感謝祭の前夜でした。

BFbanner40-8

私は翌日に有給休暇を取っており、そのメールが届いた時には、翌朝の飛行機に乗るための準備をしていました。

解雇される前、私はツイッター(Twitter)のホーム・タイムライン・モデリング部門のテックリードを務めていました。私のチームはツイートやレコメンドの重要度を決める機械学習モデルの実装から運用までを担当する部署でした。

副次的プロジェクトとして、ツイートの文字数制限を280文字に増やすための部門にも加わっていました。

突然の解雇を予期する理由はありませんでした。私は、自分自身が新しいツイッター2.0のビジョンによく合致していると思っていました。

マスク氏がツイッターを買収した時、私は喜んでいた

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み