無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


孤独、経済的なストレス、メンタルヘルス…Z世代の起業家の対処法

起業するZ世代は、企業経営の現実を知ることが大切だ。

起業するZ世代は、企業経営の現実を知ることが大切だ。

Halfpoint Images/Getty Images

  • ある調査によると、事業を立ち上げたいというZ世代は45%に上り、彼らが起業の主役になる時が近づいている。
  • ブルームバーグによると、Z世代の若者は自分が自分のボスになることのリスクに直面している。
  • Z世代の創業者たちが孤独、経済的ストレス、メンタルヘルスをいかにして管理しているのか紹介する。

新型コロナのパンデミックで何十万人もの人が仕事を失い、勤務時間の短縮やリモートで働くことを余儀なくされた人もいる。それ以来、起業が増加傾向にある。実際、2020年に入ってから1000万以上の新しいビジネスが誕生している。

自分自身がボスになることへの関心は、特にZ世代で高まるばかりだ。

若い創業者たちは、起業のムーブメントで大きな役割を担っている。アーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young)が2021年にアメリカで1509人のZ世代を対象に行った調査によると、「創業者になりたいか」との問いに、「そう思う」「とてもそう思う」との回答が45%に上った。しかし、起業の現実は必ずしも見た通りではない。

自分で何かを立ち上げるのはエキサイティングなことかもしれないが、ブルームバーグのコラムニストであるエリン・ロウリー(Erin Lowry)は「自らが自分のボスになるのは難しい」ため、Z世代に対して主な収入源となる仕事を続けるように警告している。

確かに、税金や保険料の支払い、コミュニティーの欠如といったビジネスの難しい側面は見落とされがちだ。しかし、起業につきものの落とし穴があっても、成功を収めている若い創業者もいる。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み