無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


写真で見る、世界最大の火山の噴火…ハワイのマウナロアが38年ぶりに

2022年11月28日、ハワイ州ヒロ近郊でマウナロアの噴火を見守る人々。

2022年11月28日、ハワイ州ヒロ近郊でマウナロアの噴火を見守る人々。

AP Photo/Marco Garcia

  • 世界最大の活火山であるハワイのマウナロア火山が2022年11月27日に噴火した。
  • ハワイからの写真には、赤い空、流れる溶岩、煙を見守る人々の姿が写し出されている。
  • 当局によると、人口密集地に対する脅威はないようだ。

世界最大の活火山であるハワイのマウナロアが2022年11月27日(現地時間)、38年ぶりに噴火した

アメリカ地質調査所(USGS)によると、噴火は午後11時半ごろ始まり、ガスと溶岩を噴出しているという。

現場からの写真には、燃えるような溶岩流と真っ赤に染まった空が写っていた。

ハワイ島の北東リフトゾーンの噴気孔から噴出するマウナロア火山。11月28日撮影。

ハワイ島の北東リフトゾーンの噴気孔から噴出するマウナロア火山。11月28日撮影。

U.S. Geological Survey via AP

USGSは11月27日午後、3つの亀裂(溶岩が流れ出る地面の裂け目)のうち1つだけがまだ活発だと述べた。溶岩はまだ流れて出ており、さらに亀裂が生じる可能性もあるが、今のところ、住宅地への危険はないとしている。

マウナロアが噴火する中、サドルロードを通過する車も見られる。11月28日撮影。

マウナロアが噴火する中、サドルロードを通過する車も見られる。11月28日撮影。

AP Photo/Marco Garcia

ワイコロアビレッジから見たマウナロアの噴火。11月28日撮影。

ワイコロアビレッジから見たマウナロアの噴火。11月28日撮影。

Twitter @pfranci2/via REUTERS

ハワイ州の危機管理局観光局は11月28日の朝、人口密集地への直接的な脅威はないと発表した

しかし、ハワイ州保健局は火山性スモッグが発生し、大気環境に影響を及ぼす恐れがあると警告しており、「大気に噴出された灰に含まれる二酸化硫黄のレベルが、州内のあらゆる地域で上昇したり変動したりするだろう」としている。

ハワイ島の北東リフトゾーンの噴気孔から噴出するマウナロア火山。11月28日撮影。

ハワイ島の北東リフトゾーンの噴気孔から噴出するマウナロア火山。11月28日撮影。

U.S. Geological Survey via AP

USGSによると、高さ4000メートルのこの火山は地球最大かつ、最も活発な火山で、最後に噴火したのは1984年だ。

マウナロア火山から噴出した溶岩を眺める人々。11月28日撮影。

マウナロア火山から噴出した溶岩を眺める人々。11月28日撮影。

AP Photo/Caleb Jones

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み