無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


インテリアデザイナーに聞いた、最初の家でやりがちな3つの間違い

6384d2d6785afd00189bee8a-2

Jordan Samson, Julian James/Construction Photography/Avalon/Getty Images

  • ジョーダン・サムソンはインテリアデザイナーで、TikTokでもインテリアについてのアドバイスをしている。
  • サムソンはInsiderに、初めての自分の家のインテリアを考える時に陥りがちな失敗を教えてくれた。
  • インテリアを作ることを急いだり、流行に流されてしまうことはサムソンの考える最大の危険信号だという。

購入するにしても、借りるにしても、初めて自分の家を飾り付けるということは、なかなか勇気のいるものだ。

インテリアを作り込む過程をよく知る専門家の1人が、TikTokでインテリアのアドバイスを発信するインテリアデザイナーのジョーダン・サムソン(Jordan Samson)だ。サムソンのTikTokのフォロワーは記事執筆時点で6万4200人以上いる。

@jordansamsondesign If you have any of these things in your home, it will be okay ❤️ #homedecortips #homestylingtips #interiordesign #homedecor #fyp ♬ Zou Bisou Bisou - Gillian Hills

サムソンはInsiderの取材に応じ、初めて家のインテリアを決めるときに犯しがちな失敗と、それを避けるための方法を教えてくれた。

ひとつのアイテムからインテリアを統一しない

サムソンによると、よくある間違いは、しっかりとしたアイデアが無い場合、家具を購入した後、その家具を中心にしてインテリアを考えようとすることだという。

「多くの人は、本当に気に入ったサイドテーブルなどのランダムなアイテムを選んでいるが、それらが他のアイテムと合うかどうかは考えていない。そうするとインテリアはとても難しくなってしまう場合がある。『このサイドテーブルはすごく好きだけど、他のアイテムとうまく合わない』というようにパニックになる人が多くなるんだ」

リビングルームのイメージ。

リビングルームのイメージ。

Benjamin C Tankersley/For The Washington Post via Getty Images

サムソンは、このような事態を避けるために、家具の購入前に、自分の理想のインテリアをムードボード(アイデアやコンセプトを紙面やスクリーン上にコラージュしたもの)にまとめておくといいと話している。

あせって決めると後悔する

「インテリアのデザインを決めるのには急がなくてもいい。特に最近は家具が届くまでに1年かかることもあるから」とサムソンは言う。

「人々はパニックに陥りはじめ、手に入る物は何でも買ってしまう。2年後に『どうしてこんな物を買ってしまったんだろう』と後悔することになるだろう」と彼は付け加えた。

サムソンは「忍耐力」が大切だとし、本当に欲しい物のために我慢することを勧めている。

インスタグラムのために自分のスタイルを犠牲にしない

サムソンによると、ネット上で自分のビジョンではなく、流行を追いかけようとしすぎる人がいることを見てきたという。

「いいデザインとは、自分のスタイルが輝くもの。ゴールはインスタグラム(Instagram)の投稿を再現することではない」

サムソンは、「画面上での見栄えよりも、自分がどのような色や質感、素材が好きなのかを考えてほしい」と語っている。

「他の誰かの物ではなく、自分のストーリーを伝える物で空間を埋め尽くしてほしい。そうすれば他人の物を真似するより、ずっと長く使えるし、美しいインテリアになる」と彼は付け加えている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み