ツイッターで「手違いによる解雇」続出。再発防止に向け専用システムが出現

イーロン・マスク

Reuters

新しいオーナーとなったイーロン・マスクCEOの下、このところツイッター(Twitter)では誤って解雇される従業員が続出している。同社の人事部は誤って解雇された従業員を素早く特定し、彼らを再雇用するための新しい社内システムを構築したという。

同社では、社内人事管理システムにWorkdayという管理ソフトを使っているが、採用権限を持つマネジャーなどの管理職が従業員をシステムに再登録する際、「手違いによる解雇」という表示ラベルを付けられるようになったと、同社に詳しい人物は言う。

また、別の人物によると、この新しいラベルは、マスクが1カ月前にツイッターを買収して以来、従業員が突然のレイオフや退職を間違って言い渡されるケースが続出しているために新設されたという。直近では、2022年11月24日の感謝祭(Thanksgiving Day)前夜遅くに、少なくとも2人の従業員が誤って解雇されたが、翌週の月曜(11月28日)には急遽再雇用されたという。

あわせて読みたい

Popular