無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


AWSが「災害対応ハイブリッド車両」を展示。ウクライナでも使われた小型サーバー「Snowball」技術とは

災害対応車両

AWSが製作した「ディザスター・レスポンス」(災害対応)車両。ベースはJeepのグラディエーター。

撮影:西田宗千佳

クラウドインフラの最大手AWS(Amazon Web Services)が、11月28日から12月2日まで、年次開発者会議「AWS re:invent 2022」を、アメリカ・ネバダ州ラスベガスで開催している。

現地に同社は、少し変わった自動車を持ち込んだ。ベース車種はJeepの「Gladiator(グラディエーター)」。相当な悪路でも走破できるモデルだ。

ロゴの写真

ドアには「Disaster Response」のロゴ。

撮影:西田宗千佳

この車両は、通信が途絶した被災地に「クラウド」を届けるために作られた。実はウクライナの戦災対応にも使われた技術を搭載しており、災害国日本でも注目しておくべき技術でもある。

悪路も走るハイブリット車、衛星通信も搭載

前述のように、AWSが展示したJeep「グラディエーター」は、かなりカスタムが施されたもので、現状、世界に1台しか存在しない。

ガソリン+バッテリーで動作するハイブリッドカーであり、どこでも数日の行動を可能にする。

バッテリー

ハイブリッドカーであり、巨大なバッテリーを搭載しているのもポイント。ボンネット下に搭載しているバッテリーは、車体の駆動とサーバーの駆動の両方に使われるという。

撮影:西田宗千佳

クラウドを使うAWSらしく、自動車の天井には、グローバル規模で通信を可能とする中軌道衛星コンステレーションサービス「O3b mPOWER」のアンテナも搭載される予定だ。その他、LTEや5G、Wi-Fiなどでのネットワーク接続機能も備え、ドローンなども積んで利用する。

アンテナ

中軌道衛星コンスタレーションサービス「O3b mPOWER」を搭載予定。

撮影:西田宗千佳

担当者によると「このアンテナはモックアップで、衛星コンスタレーションのサービス開始後に正式なものを搭載する予定」だという。

では、この自動車自体がまだ意味がないものか……というとそうではない。デモ的な価値が強い車なのだが、通信ができることは価値の一部でしかない。

むしろ「通信が寸断された場所」に持ち込むことが、最大の価値なのだ。

通信がない場所へクラウドを持ち込む「Snowball」

AWS

車両には、ボンネット上などにAWSロゴが入っている。

撮影:西田宗千佳

この車両はAWSの「ディザスター(災害)・レスポンス」チームが作っている。

ディザスター・レスポンスチームは3年ほど前から活動しており、この車は1年半ほど前に作ったものだという。

同チームの仕事は、災害で通信が寸断され、高度なコンピュータ処理が行えなくなった場所に「クラウドの力」を運ぶことにある。

ウクライナでは、ロシア侵攻以降、オンラインのサービスをどう維持するかが課題になった。

周囲の状況を把握して分析するにも、人々の生活を支えるにも、計算能力やデータ保存といったクラウドの力を活用する必要がある。

そのためにAWSが作ったのが「Snowシリーズ」と呼ばれる技術だ。

これは簡単に言えば、AWSのサーバーの一部を小さなボックスに入れてしまい、必要な場所へと持ち込めるようにするものだ。PCなどをつなげば、そのまま「AWSのクラウドの一部がその場にあるように」動作する。

サイズによっても名称は異なるが、最もコンパクトなシリーズは「Snowball」と名付けられており、「飛行機に荷物として持ち込めるサイズで作られている」(AWS担当者)という。

重量は約22kg。コンパクトなサイズだが、80TBのハードディスクと40コア分のCPU、80GBのメモリーを搭載した強力なものだ。

スノーボール

Snowballの側面。ミリタリー風の雰囲気があるが、災害地向け機材として設計されている。大きさはスーツケースくらいのイメージだ。

撮影:西田宗千佳

スノーボール

重量は約22kg。80TBのハードディスクと40コア分のCPU、80GBのメモリーを搭載した強力なシステムになっている。

撮影:西田宗千佳

本来Snowballは、工場や企業の移転などに使うことを想定して作られた。しかし、その可搬性はそのまま災害対策にも役立つ。建物やテントの中などに持ち込み、時には衛星や携帯電話網用のアンテナを立て、被災地に「ローカルでコンパクトなAWS」を短時間で設置し、災害復旧などに使われている。

実際この車はすでに、2021年にケンタッキー州・メイフィールドで起こった竜巻災害の際に出動し、使われた。前述のように現在は1台しか存在しないのだが、AWS担当者は「台数を増やしていく計画はある」と話す。

ウクライナでも使われたAWSの災害地向けサーバー

Snowballはウクライナでも使われている。

ロシアの侵攻が始まった2月24日からAWSとウクライナ側が協力し、6月までに省庁や大学などのデータを、合計10ペタバイト(約1万テラバイト)以上、AWSに移行させるために使われたという。

詳細について尋ねたが、AWS担当者は「ウクライナの件はまだ進行中であり、詳しく話せる段階にはない」とだけコメントしている。

この車両には、Snowballと安定化電源が搭載されている。高い走破性を活かして被災地に直接乗り込み、車が搭載している巨大なバッテリーを使って長時間活動することを目指して作られているのだ。

トランクの様子

後部を開けると2段構成になっている。上段にはディスプレイがある。

撮影:西田宗千佳

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み