無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イギリス君主のサインが残る、1000年以上の歴史がある邸宅が販売中

1000年前の英国荘園領主の家(グレート・タングレイ・マナー)の外観

グレート・タングレイ・マナーの外観。

Savills EMEA

  • イギリスのサリーにある歴史的な荘園が、1100万ユーロ(約16億円)で売り出し中だ。
  • 不動産会社のStrutt & Parkerによると、グレート・タングレイ・マナーの歴史は1016年までさかのぼる。
  • 堀で囲まれたこの物件の窓には、メアリー女王、国王ジョージ5世とジョージ6世が残したサインがある。

塀に囲まれた1000年の歴史を誇るイギリスの荘園が、1100万ユーロ(1344万ドル)で売り出し中だ。

不動産会社のSavillsStrutt & Parkerの物件情報で「イギリス最古の居住用物件」とうたわれている「グレート・タングレイ・マナー(Great Tangley Manor)」は、イングランド南東部のサリーにある。

物件情報によると10の寝室と、6つのバスルーム、7つのリビングルームがある。また屋内プール、サウナ、テニスコート、第二次世界大戦時のシェルターもある。

1000年前の英国荘園領主の家(グレート・タングレイ・マナー)の寝室

グレート・タングレイ・マナーの寝室。

Savills EMEA

Strutt & Parkerによると、敷地面積は9.93エーカー(約4万平方メートル)で、壁に囲まれた庭、牧草地、敷地を取り囲む堀があるのが特徴だ。

1000年前の英国荘園領主の家(グレイト・タングレイ・マナー)の堀

グレート・タングレイ・マナーの堀と橋。

Savills EMEA

グレート・タングレイ・マナーは歴史に彩られている。Strutt & Parkerによると、その基礎部分は1016年までさかのぼり、12世紀にはジョン王子の狩猟小屋だったという。

ダイニングの木材は、1588年にイギリス沿岸で敗れたスペイン艦隊のもので、英西戦争の時に王へ貢献したことで、所有者が贈られたという。

1000年前の英国荘園領主の家(グレート・タングレイ・マナー)の内部

グレート・タングレイ・マナーの内部。

Savills EMEA

過去1000年以上にわたって、王室や数多くの歴史上の人物が訪れたとStrutt & ParkerはInsider宛のメールで述べている。

メアリー女王、ジョージ5世、ジョージ6世もここを訪れ、窓にサインを残した。Stutt & Parkerによると、ダイニングと主寝室のドレッシングルームの窓に今でもそのサインが見られるという。

1000年前の英国荘園領主の家(グレイト・タングレイ・マナー)の窓に残されたジョージ5世のサイン。

グレート・タングレイ・マナーの窓に残されたジョージ5世のサイン。

Savills EMEA

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み