無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカ経済が景気後退に見舞われない10の理由…ゴールドマン・サックスは楽観的

ゴールドマン・サックスは、2023年に景気後退が起こる可能性は35%から40%しかないと見ている。

ゴールドマン・サックスは、2023年に景気後退が起こる可能性は35%から40%しかないと見ている。

Royalty Free/Getty Images

ゴールドマン・サックスは2023年の株式について強気ではないが、ウォール街の同業他社と比べるとアメリカ経済に対する見通しは楽観的だ。

同社によると、今後12カ月間に景気後退が起こる可能性は35%から40%だ。これはとても高い数値に思えるが、ウォール・ストリート・ジャーナルが調査したエコノミストたちの予測値である63%よりははるかに低い。ゴールドマン・サックスのシニア・グローバル・エコノミスト、ダーン・ストロイベン(Daan Struyven)は11月末、同社の2023年の経済見通しに関する会見でそのように語った。

「我々の基本線は、アメリカ経済が2023年に景気後退を僅差で免れるというものだ」(ストロイベン)

景気後退予測

市場予測による2022年の景気後退確率は40%に上昇し、パンデミック後の最高を記録した。(オレンジの帯はアメリカの景気後退。濃い青線は市場予測による1年以内に景気後退が起こる確率、薄い青線は市場予測による景気後退が起こる確率)

Goldman Sachs

アメリカ経済に自信を持つべき10の理由

会見では、ストロイベンとその同僚たちが、2024年までアメリカで景気後退がおそらく起きない10の理由を説明した。そのうちの半分は労働市場に関連している。労働市場は、経済成長率が鈍化しているにもかかわらず、年間を通じて驚くほど堅調に推移している。

あわせて読みたい

Popular