無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ディズニー復帰のアイガーCEO、早々に改革に大なた。前任者の組織再編を全面刷新、クリエイティブ部門の権限復活か

ディズニー

ディズニーのボブ・アイガーCEO。

Charley Gallay/Stringer/Getty Images

2022年11月20日、ウォルト・ディズニー・カンパニー(Walt Disney Co.)は、2020年に退任したボブ・アイガー(Bob Iger)が、コロナ禍にCEOを務めたボブ・チャペック(Bob Chapek)に代わってCEOに復帰すると発表し、世界を驚かせた。多くの社内関係者は、同社で15年間CEOを務めたアイガーの復帰を歓迎している。

アイガーに期待される一番の変革は、2020年にディズニーで行われた再編の多くを元に戻すことだ。この時の再編では、スタジオやネットワークのクリエイティブ部門幹部から配信や損益に関わる権限が取り上げられ、それらの機能はディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション(DMED)という部門のもとに集約された。

アイガーは11月9日付の社員への通知で次のように記している。

「ダナ・ウォールデン、アラン・バーグマン、ジミー・ピタロ、クリスティン・マッカーシーに、新しい組織作りに協力してくれるよう頼みました。我々がクリエイティブチームの手に意思決定権を戻し、コストを合理化するためにです」

名前が挙げられている4人は、それぞれテレビ、映画、ESPN、財務を担当する主要幹部である。

あわせて読みたい

Popular