無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ロシア政府は原油供給停止を示唆…G7とEUによる上限価格設定は有効なのか

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領.

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領。2014年7月30日撮影。

Alexei Nikolskyi/RIA Novosti/Kremlin/Reuters

  • RBCによると、ロシアは価格上限を守る国々にペナルティーを科し、石油市場を混乱させる可能性があるという。
  • EUのロシア産原油に対する上限価格は、1バレル60ドルに設定されている。
  • しかし、その代わりの石油供給は乏しく、ロシアからの報復を受けて原油価格が上昇する可能性もある。

カナダロイヤル銀行(RBC)のコモディティ部長、ヘリマ・クロフト(Helima Croft)によると、ロシアが原油価格の上限60ドルを守る国々にペナルティーを科すことを選択した場合、エネルギー市場はさらに混乱する可能性があるという。

「今、注目すべき重要な要素は、ロシアが上限価格で支払おうとする顧客には供給を差し控えるという脅しを実行に移すかどうかだ」

クロフトは2022年12月5日のCNBCのインタビューで、ロシアはすでにルーブルで支払わない国への天然ガス供給を停止していると指摘した。

「ロシアには混乱を招いた実績がある。それは石油にも引き継がれるのだろうか」

これは、欧州連合(EU)が12月2日にロシアの原油に支払う価格の上限をに1バレルあたり60ドルに設定することに合意したのを受けてのことだ。もしロシアがこの制限を守れば、ロシアは海運保険など西側のサービスを利用できるようになり、ロシアの石油を市場に出し続け、アジアにも供給することができるようになる。

しかし、ロシア政府はこの措置に対して、ヨーロッパへのパイプラインの原油の流れとG7主導の価格上限メカニズムに合意した国への供給を削減すると脅しているとクロフトは述べた。

あわせて読みたい

Popular