無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ビッグテックでの大量解雇が人材市場に及ぼす影響「2023年に大きなリセットがあるだろう」

workinghard-03-03-eye

※この記事は、ブランディングを担う次世代リーダー向けのメディアDIGIDAY[日本版]の有料サービス「DIGIDAY+」からの転載です。

高まる経済的な逆風が、企業の財務状況に不安を投げかけている。

このような環境下で、レイオフやリストラといった言葉は残念なことによく聞かれるものになっている。第3四半期にじわじわと発生し始めた人員削減の波は、年末が近づくにあたって大きな津波に変わりつつある。

今回のレイオフは、ビッグテックと呼ばれる業界の有名企業が、かなりの人数を解雇している点で注目に値する。人によっては、解雇数は前例にない規模だというかもしれない。このことは、今後の景気後退の痛みが広範囲に感じられる可能性が高いことを示している、と考える業界人たちがいる。

大手ハイテク企業群、数週間で2万人以上解雇とのデータも

業界ウォッチャーたちは、以前の景気低迷期に売上高が逆に伸びたようなメタ(Meta)やグーグル(Google)などの企業の報告に慣れてきた。彼らは依然として市場の大多数を占めているものの、第3四半期決算の最終ラウンドでは、広告業界におけるこれらの企業による複占の支配がいかに弱りつつあるかを示した。

人事関連サービスを提供するスタートアップ企業コンペンセートがまとめたデータによると、市場が厳しい状況に備えるなか、大手ハイテク企業はここ数週間で2万5000人近くの従業員を解雇したことが示されている。

これらの人員削減の直接的な理由はケースバイケースである。たとえば、メタとスナップ(Snap)の最近のレイオフは、アップルのプライバシー保護対策の更新により、広告主がiOSデバイスのユーザーをターゲットにして追跡することが困難になったことが影響していると考えられる。一方、ツイッター(Twitter)の場合、混沌とした事態はいうに及ばず、より全社的な問題に対処している。そんななかで、広告主は(たとえ一時的なものであっても)同プラットフォームから離れつつある

情報筋がDigidayに語ったところによると、アマゾン(Amazon)では1万人の人員削減が報じられたが、急成長している同社の広告部門にはほとんど影響していないという。最近人員削減がそれほど厳しくなかったマイクロソフト(Microsoft)も、広告部門の拡大を計画していると見られている。一方で、グーグルの親会社であるアルファベット(Alphabet)は人員削減に乗り出すのではないかとの噂が絶えない。

これらの措置は、COVID-19のパンデミックが世界中の経済の「デジタル化」を加速させ、メディア部門の雇用需要が旺盛であった2020年末から2021年初頭とは対照的である。

膨れ上がった人材プール

そして今、2万5000人を超える元ビッグテック従業員の流入が人材市場にどのような影響を与えるのか、多くの人が思索している。シリコンバレーの有名企業での勤務経験が履歴書に書かれていれば、採用者の目にとまることは間違いない。しかし、それらの候補者が業界の最大手企業以外でどのように活躍できるのか疑問視する者もいる。

あわせて読みたい

Popular