無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


自分の仕事を「意義あるもの」にするためには…Z世代へのアドバイス

テック系スタートアップでZ世代グロースマーケティングを担当しているダニエル・ファラージ。

テック系スタートアップでZ世代グロースマーケティングを担当しているダニエル・ファラージ。

courtesy of Farage

  • Z世代の多くは、自分の仕事が重要であることを望み、そうした仕事を探している。
  • アメリカの医務総監は、職場におけるウェルネスの柱として「仕事で重要視されること」を挙げている。
  • ここでは、価値観の確立や人とのつながりなど、Z世代が仕事で意義を見出す方法を紹介する。

ダニエル・ファラージ(Danielle Farage)は、テック系スタートアップでZ世代グロースマーケティングを担当している。彼女が新しい仕事を探していたときに優先したのは、上司や同僚から理解されていると感じられること、自分のメンタルヘルスをサポートしてくれるスケジュールであること、そして仕事にワクワクできることだった。

多くのZ世代と同じように、彼女は意義のある仕事をすることを望んでいた。学生向け求人サイト、ハンドシェイク(Handshake)が18歳から25歳の学生を対象に行った調査(2022年6月にレポートを発表)によると、仕事のモチベーションを最も高める要因として「有意義な仕事」と回答したのは、ノンバイナリー(生物学的な性の枠組みを当てはめようとしないセクリュアリティ)で最も多く、女子では2番目に多かった。

もちろん、意義のある仕事をすることを望むのはZ世代だけではない。アメリカの医務総監が最近発表した報告書では、職場におけるウェルネスに不可欠な5つの柱の1つを「仕事で重要視されること」としている。

カナダのヨーク大学の心理学教授で『The Psychology of Mattering』の著者であるゴードン・フレット(Gordon Flett)は、ウォール・ストリート・ジャーナルに次のように述べている。

「自分が重要な存在であると感じられると、他者と意義のある強いつながりがあって、この人生を1人で歩むのではないという安心感が得られる」

ここでは有意義なキャリアを築きたいと願う若い労働者に向けて、同じZ世代の仲間や専門家が提案する、自分の価値観を確立するところから飛躍するところまで、情熱を持って仕事に取り組むための方法を紹介する。

価値観を確立する

Z世代の多くは、自分がすばらしいと感じるミッションをサポートしてくれる企業で働くことを望んでいる。

そのためには、まず価値観を確立することから始めよう。そうすることで自分の信念に合った企業やポジションを見つけ、仕事の意義を見出すのに役立つだろう。

正式なトレーニングを受けていなくても、気候テクノロジーDEI(多様性、公平性、包括性)など、あなたが情熱を注ぐ価値観に焦点を当てた職務に就くことは可能だ。ネットワーク、ニュースレター、オンライン学習プラットフォームを利用して、ミッション主導型のコミュニティやキャリア機会について学ぶことができると業界の専門家はInsiderに語っている。

自分なりの仕事を形作る

職務記述書(職務内容を具体的にまとめた文書)がすべてを網羅していることはほとんどないので、自分がワクワクするような仕事を率先して作り上げよう。ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)によると、「ジョブ・シェイピング(自分のスキルに合わせて仕事を形作ること)」をすることで、あなたが関心のある職務を引き受けられるようにすることにつながり、仕事に対する熱意が湧いてくるという。

「組織でのあなたの存在がより有意義に感じられるような新たな貢献」の方法を探してほしいと、トルコのバチェシェヒル大学組織管理学部教授であるハティージェ・ネクラ・ケレシュ(Hatice Necla Keleş)はHBRに語っている。

人事部や上司にあなたのアイディアを提案し、認めてもらえるかどうか確認してみよう。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み