無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ドイツ政府転覆を企てた極右グループ、アメリカのQアノンの影響を受けていた

2022年12月7日、ドイツ警察当局はベルリンで家宅捜索を行った。

2022年12月7日、ドイツ警察当局はベルリンで家宅捜索を行った。

Photo by Carsten Koall/Getty Images

  • ドイツ警察当局は12月7日、極右グループの容疑者と支持者に対して家宅捜索を行った。
  • 報道によると、25人がドイツ政府に対する暴力的な攻撃を企てたとして逮捕された。
  • 検察官は、このグループがアメリカのQアノンの陰謀論に影響されていたと述べている。

検察当局が政府転覆を企てたと告発したドイツの極右テロ集団のメンバーや支持者が、根拠のないアメリカのQアノン(QAnon)陰謀論に影響されていたことが明らかになった。

CNNがドイツ連邦検察庁の声明を引用して報じたところによると、ドイツ警察当局は2022年12月7日に全国で一斉捜査を行い、2021年11月以前に設立された右翼過激派グループ、ライヒスビュルガー(帝国の市民)運動に関係する25人を逮捕した。

CNNによると、連邦検察庁は声明で「グループのメンバーは、ライヒスビュルガーやQアノンのイデオロギーのストーリーからなる陰謀神話に従っている」と述べている。

さらに「被告人たちは、ドイツ連邦共和国の国家機関と自由民主的な基本秩序に対する深い拒絶反応によって結束しており、その結果、時間をかけて、その暴力的排除に参加し、そのための具体的な準備行為に従事することを決意した」と述べている。

ワシントン・ポストによると、マルコ・ブッシュマン(Marco Buschmann)法相は「憲法上の組織に対する武力攻撃が計画された疑いがある」とツイートした。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み