無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2022年第3四半期の広告費、 CTVはどのような成長を遂げたのか?「倍増はしているが、その割合はまだまだ小さい」

tv-evolution-gif-eye-1

※この記事は、ブランディングを担う次世代リーダー向けのメディアDIGIDAY[日本版]の有料サービス「DIGIDAY+」からの転載です。

今年の第3四半期、従来型TVの広告市場が縮小するなか、CTV(コネクテッドTV)に注ぎ込まれる広告費は増加した。その背景では、いったい何が起きていたのだろうか?

重要ポイント:

  • 2022年第3四半期、CTVへの広告支出が前年比で増加する一方、従来型TVへの広告支出は減少。
  • CTV広告を購入する広告主の数も前年比で増加。
  • CTVインプレッションの販売に関しては、プログラマティックが直接取引のシェアを奪う。

広告費を奪取するCTV

あわせて読みたい

Popular