無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「静かな退職」への対策は簡単…従業員が働く意義を感じられるように、リーダーがとるべき3つの行動

評価されていると感じない従業員は、ストレスを感じたり、意欲を失ったり、反抗的になる可能性が高くなる。

評価されていると感じない従業員は、ストレスを感じたり、意欲を失ったり、反抗的になる可能性が高くなる。

iStock; Rebecca Zisser/Insider

  • アメリカの労働者は孤独で、意欲を失い、それに伴って生産性が低くなっている
  • 働く人のモラルと生産性を高めるには、リーダーが彼らに働くことの意義を感じさせる必要がある。
  • これは、アメリカ政府の医務総監、バブソン大学の教授、リーダーシップの研究者らが発表したものだ。

アメリカの労働者は孤独で、意欲を失い、それに伴って生産性が低くなっている。企業のCEOや経営者は、その原因を解明することに関心があるが、それは収益が悪化しているからだ。

政府のデータによると、平均的なアメリカ人労働者の生産性は2022年初め、1947年以来最も急激な割合で低下した。それ以降は上向きにはなっているものの、経済学者たちは依然として懸念を抱いている

一方、ギャラップ(Gallup)の2022年6月の世論調査によると、2022年は従業員の半数以上、 「おそらくはそれ以上」 が静かな退職をしているという。

解決方法は簡単で、リーダーが従業員たちに「自分は重要な存在である」と感じてもらうために努力をすることだ。コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Co)の調査によると、そうした感覚を持っている従業員たちはより良いパフォーマンスを発揮するという。「ビジネスに重要」という気持ちが、企業の収益を向上させるのだ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み