無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


副業で稼いで経済的自由を手に入れる方法…5人の成功した早期退職者・起業家に聞いた

ピーターズは大学時代に犬の散歩ビジネスを始めた。

ピーターズは大学時代に犬の散歩ビジネスを始めた。

Courtesy of Leandra Peters

投資先を分散できるのと同じように、収入源も分散できる。

大企業が人員削減を行い、経済的に不透明な2023年が訪れようとしているアメリカでは、複数の収入源を持つことは賢い資産形成方法であると言えるだろう。

今の仕事が安定している人にとっても、副収入があれば、資産形成目標の達成を早めることになる。

この記事では、収入源を増やす方法を見出した起業家や早期退職者が語る、副業に関するさまざまなアイディアを紹介する。

アマゾンで始めたマスク販売が、安定したeコマースビジネスへと成長

シャンシャン・フーは、靴下とタイツ(写真のものを含む)をオンラインで販売している。

シャンシャン・フーは、靴下やタイツ(写真のものを含む)などをオンラインで販売している。

Courtesy of Shan Shan Fu

2020年春に新型コロナパンデミックによってアメリカでロックダウンが実施されていた頃、シャンシャン・フー(Shan Shan Fu)には終業後の空き時間がたくさんあった。

当時、彼女はサンフランシスコに住んでおり、ITコンサルティング企業に勤めていたが、しばらく前から副業を始めることを考えていた。そんなとき、質の高いマスクが見つからないと友人たちが口を揃えていたことから、マスクを販売することにした。

彼女は2020年4月にeコマース会社のミレニアルズ・イン・モーション(Millennials In Motion)を立ち上げ、すぐに収益を上げ始めた。タイミングが理想的だったと彼女は語る。

「2020年4月にマスクを売るのは簡単でした。早く始められてラッキーでしたね」

マスク販売を始めてから6カ月後、彼女はこのビジネスから十分な収入を得られるようになり、安心して本業を辞めることができた。

現在34歳のフーはフロリダ州マイアミで、自分が立ち上げた事業に専念している。ビジネスを靴下とタイツの販売にまで拡大し、月に最高4万2000ドル(約567万円、1ドル=135円換算)の収益をもたらしているミレニアルズ・イン・モーションを経営する傍ら、アマゾン(Amazon)の広告代理店のトリヴィアム(Trivium)や法律系スタートアップのオンラインビザズ(OnlineVisas)でコンサルティング業務も行っている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み