無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Instagramはもはや名刺代わり? メタの秘密兵器となり得るインスタの新機能を専門家が解説

Instagram

インスタグラムのアカウントを名刺代わりに使うクリエイターもいる。

Instagram; Getty; Sydney Bradley/Insider

インスタの時代は終わったと考えるのはまだ早い。

The Atlanticのケイト・リンジーが最近記事にしていたように「インスタは終わった」と言っている人もいるが、そうではなく今はミッドライフ・クライシスのような状態に陥っているのかもしれない。

Instagram(インスタグラム)は2010年のローンチ以来、さまざまなことにチャレンジしてきた。Snapchat(スナップチャット)、YouTube、TikTok、最近ではBeRealを模倣してきた歴史がある。それぞれの時期にさまざまなアルゴリズムの変更が加えられ、ユーザーであるインフルエンサーや事業主もそれに合わせてインスタの使い方を変えてきた。

クリエイター業界関係者によると、そのなかでも、お気に入りの人を見つけフォローしたあと、DM(ダイレクトメッセージ)でコミュニケーションをとる、というのが主な使い方として特に広がりを見せているという。

LinkedInの使い方に似ていると思うかもしれない。ただ、新しく誰かを見つけたときに、その人とどのSNSでつながろうと思うだろうか? 多くの人、特にクリエイターと接点のある人にとっては、それがInstagramなのだ。

あわせて読みたい

Popular