無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


PayPayの新「マイレージ・クーポン」サービスとは何か、ユーザーが気をつけるポイントとLINEとのシナジーの行方

会見登壇者

写真左から、13日の会見に登壇したLINE 代表取締役社長、Zホールディングス 代表取締役Co-CEO Marketing & Sales CPOの出澤剛氏、ヤフー 代表取締役社長 社長執行役員 CEOの小澤隆生氏、PayPay 代表取締役 社長執行役員CEOの中山一郎氏。

撮影:小林優多郎

Zホールディングス(以下、ZHD)傘下のLINE、ヤフー、PayPayの3社は12月13日、新しいメーカー向け販促施策を発表した。

特に消費者に関係の深いものとしては「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」(以下、LYPマイレージ)と「商品クーポン(仮)」がある。

PayPayはすでにポイントが貯まりやすくなる「PayPay ステップ」や、加盟店が発行する「PayPay クーポン」を展開。それらと何が違うのか、ZHD内の3ブランドの相乗効果はどこにあるのか解説する。

マイレージは実質「パンのシール」と同じ

LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ

「LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージ」は2023年3月からスタートする。

撮影:小林優多郎

まず、2023年3月開始予定のLYPマイレージについて。これは、いわゆる航空会社などが発行する「マイレージ」とは性質が異なる。

航空会社などのマイレージは、渡航距離、チケットや座席のクラス、会員資格、所有カードの種類などで付与され、特典航空券や各事業者の電子クーポンなどと交換できるといった使い方をする。

一方、LYPマイレージは、いわば「購入実績」だ。例えば、清涼飲料水Aを購入するとAの購入実績が蓄積され、個別に定められた一定値に到達するとPayPayポイントがもらえる、という仕組みだ。

商品だけではなく購入場所も限定される。対象のチェーンの店舗でPayPayで購入する必要がある。同じ清涼飲料水Aであっても、PayPayの加盟店でない場所や加盟店であっても対象ではない店舗、PayPay以外で払った場合などは対象外となる。

一方、対象店舗はオンライン(EC)も含まれる。Yahoo! ショッピングの一部店舗でも、PayPayとYahoo! JAPAN IDの連携が済んでいれば、カウントの対象だ。

こうした特徴から、商品に貼ってあるシールを集めて食器と交換する特典などに近い性質のものというわけだ。

オンラインでもオフラインでも

オンラインでもオフラインでも購入実績が貯まる。

撮影:小林優多郎

小澤隆生氏

LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージについて話す小澤隆生氏。

撮影:小林優多郎

記者発表に登壇したヤフー社長の小澤隆生氏は「お得を拡充していく」とし、以下のような機能の構想もあるとしている。

  • 購入金額ではなく購入個数に応じてインセンティブを提供(X本購入で1本無料など)
  • インセンティブをポイントではなく、オリジナルグッズとして提供
  • 特定の商品の無料券を発行してサンプリングに
  • 購入実績に応じて割引額を変動させ、実質的な「ダイナミップライシング」に
  • 個別の商品ではなくブランドやメーカー単位の複数の商品を対象に
  • オンライン/オフラインの複数の加盟店の買い回りを促す

なお、小澤氏は報道陣からの「(LINE・Yahoo! JAPAN・PayPayマイレージという)名前が長くてわかりにくい」という指摘に対して、「3月に変わる可能性はある。わかりやすい名前にしたいと思う」と回答している。

特定の「商品」「店」で還元されるクーポン

商品クーポン(仮)

PayPayの「商品クーポン(仮)」は、2023年5月にスタート予定。

撮影:小林優多郎

もう1つの施策、2023年5月以降開始の「商品クーポン(仮)」は、現在提供されている「PayPayクーポン」の特定商品版と言える。

PayPayクーポンが「加盟店」がコストを負担して発行するのに対し、商品クーポン(仮)は「メーカー」がコストを負担し、特定の商品の購入に対して、PayPayポイントを還元する。

これもまたLYPマイレージと同じく、オンライン・オフラインの特定の店舗でのPayPayを使った購入が対象となる。

商品クーポン(仮)の利用イメージ

商品クーポン(仮)の利用イメージ。体験としては現在の「PayPayクーポン」とあまり変わらない。

撮影:小林優多郎

PayPayクーポンと同じだが、商品クーポン(仮)も購入前に事前にクーポンを取得しておく必要がある。

施策を実施するメーカー側としては、LYPマイレージでは特定商品の継続的な購入を促し、中長期的な売り上げやブランド価値のアップが目的。

一方で、商品クーポン(仮)は基本的には「1回の購入に対する還元」なので、いわゆる「お試し購入」や短期的な売り上げアップを目的に導入されていくだろう。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み