無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


モデルナのがんワクチンで再発・死亡リスクが低減…アナリストは期待しながらも慎重な見方

モデルナのステファン・バンセルCEO。

モデルナのステファン・バンセルCEO。

Nancy Lane/MediaNews Group/Boston Herald

  • モデナのがんワクチンは、第2段階の臨床試験でメラノーマの再発率あるいは死亡率を低下させた。
  • アナリストによると、このがんワクチンが長期的な成功を収めるためには、まだ証明しなければいけないことが残っているという。
  • 「今や我々はオンコロジー(腫瘍学)企業だ」と、モデルナのステファン・バンセルCEOはInsiderに語っている。

マサチューセッツ州ケンブリッジを拠点とするバイオテクノロジー企業のモデルナ(Moderna)は2022年12月13日、メッセンジャーRNA(mRNA)技術を活用した個別化がんワクチンが、皮膚がん患者の第2段階の臨床試験で良好な結果を出したと発表し、この技術がコロナワクチンを超える「ゲームチェンジャー」になり得ることが確認されたと述べた。

投資家はこのニュースを歓迎し、モデルナの株価は12月13日の正午までに21%上昇した。

臨床試験は、皮膚がんの一種であるメラノーマの重症患者157人を対象に実施された。患者は手術でがんを切除した後、現在スタンダードな治療薬となっているメルク(Merck)製の「キイトルーダ」のみを投与した治療、あるいはキイトルーダとモデルナのがんワクチンを併用した治療を受けた。

モデルナは、ほぼ自動化された検査プロセスを通じて、各患者の腫瘍が持つ固有のDNAに合わせてがんワクチンを製造した。

モデルナのがんワクチンを併用したグループは、キイトルーダのみを投与したグループと比べて、がんの再発率あるいは死亡率が44%減少した。

モデルナは、2020年にmRNA技術を活用してコロナワクチンを開発し、一躍脚光を浴びた。2010年に設立されたモデルナにとって、初めて承認された製品がコロナワクチンだった。

同社のステファン・バンセル(Stéphane Bancel)CEOは、今回実施したがんワクチンの臨床試験と、コロナワクチンの開発に奔走したころとを比べ、「私にとっては(パンデミックが始まった)2020年1月に遡るCOVIDの時のような瞬間だ」とInsiderに語っている。

「私にとっては同じこと。今の敵はがんだ。この技術が有効であることは分かっている」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み