無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


極右テロ組織「帝国市民」が国家元首にしようとした「ハインリヒ13世」とは何者なのか

12月7日(水)、逮捕された「ハインリヒ13世」。

逮捕された「ハインリヒ13世」。2022年12月7日。

picture alliance / Contributor / Getty Images

  • ドイツ貴族の末裔で「ロイス公」を名乗るハインリヒ13世という人物が逮捕された。
  • ハインリヒ13世をはじめとする20人以上が、ドイツ政府転覆を企てたとして告発されている。
  • 彼らは、現代のドイツ共和国は非合法だという極右の陰謀論を信じている。

ドイツで政府転覆を企てたとして25人が逮捕され、その中にはドイツの貴族の末裔も含まれていた。

2022年12月7日、ドイツ当局は、暴力的なクーデターを計画していたテロ組織のメンバーだとする25人を逮捕したニューヨーク・タイムズ(NYT)によると、ドイツ警察は国内16州のうち11州で150件の家宅捜索を行った。容疑者の中には、現代のドイツ連邦共和国は違法に設立されたものだと信じる極右団体「ライヒスビュルガー(帝国市民)」運動のメンバーも含まれていたという。

BBCによると、ライヒスビュルガーの信奉者は、2021年に大幅に増加して現在は約2万1000人に上るとされ、そのうち約10%が暴徒化する恐れがあると考えられており、政府を偽物だとして納税を拒否する者もいるという。

NYTによると、12月7日に逮捕されたのは警察官や軍人、それに「ロイス公」という今では廃止された称号を使うハインリヒ13世だった。

ハインリヒ13世は「ロイス公」と名乗っている。

ハインリヒ13世は「ロイス公」を名乗っている。

picture alliance / Contributor / Getty Images

ハインリヒ13世とは何者なのか?

NBCによると、ハインリヒ13世(71歳)は、1918年の第一次世界大戦が終わるまでドイツのチューリンゲンを支配していたロイス家の一員だという。ロイス家の男性後継者はすべて「ハインリヒ」と名乗っている。この名前は、1197年に亡くなるまでドイツ王と神聖ローマ皇帝だった「ハインリヒ6世」からきたものだ。

NYTは、チューリンゲンは約100年前にナチスが初めて地方政権を獲得した場所だと報じている。

NBCによると、ハインリヒ13世が極右運動の中心であり、今回逮捕されたグループはドイツ政府を転覆させ、彼を指導者にすることを計画していた。

あわせて読みたい

Popular