無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


FTXのサム・バンクマン-フリード前CEOを米当局が起訴…顧客に対する詐欺など8つの罪状で

サム・バンクマン-フリード

2021年12月8日、ワシントン DC の下院金融サービス委員会での公聴会で証言するサム・バンクマン-フリード。

Alex Wong/Getty Images

  • サム・バンクマン-フリードに対する大陪審の起訴状が12月13日に公開された。
  • ニューヨークの検察官は、彼がFTX とアラメダ・リサーチの資金を混同したとして告発した。
  • 彼に対する8件の刑事告発には、電信詐欺、マネーロンダリングを行う共謀、およびアメリカを欺いたことや選挙資金法に違反する共謀が含まれている。

ニューヨークのアメリカ連邦地検は、FTXの元CEOであるサム・バンクマン-フリード( Sam Bankman-Fried)を、FTXの資金を使用して自身の仮想通貨ヘッジファンド、アラメダ・リサーチ(Alameda Research)の事業を支援した疑いを含む8件の罪状で正式に起訴した。

2022年12月13日(現地時間)の朝に公開された内容によると、大陪審の起訴状はバンクマン・フリードに対して8つの罪状で告発を行い、その中で彼がFTXの顧客資金によって「アラメダ・リサーチの経費と負債を支払う」よう指示したと主張した。

以下は、起訴状に記載されている罪状のリスト。

  • 顧客に対する電信詐欺を行うことについての謀議
  • 顧客に対する電信詐欺
  • 貸し手に電信詐欺を行うことについての謀議
  • 貸し手に対する電信詐欺
  • 商品詐欺の謀議
  • 証券詐欺の謀議
  • マネーロンダリングの謀議
  • アメリカを欺き、選挙資金法に違反する謀議

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み