無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの11月のインフレ率、アナリストの予想を下回る

blackfriday

シカゴのウォルマートでブラックフライデーの陳列を行う従業員。

REUTERS/Kamil Krzaczynski

  • アメリカの11月の消費者物価指数は、前年同期比で7.1%上昇した。
  • これはエコノミストが予想した7.3%を下回り、2021年12月以来の最低水準だった。
  • この数値は、インフレが落ち着いていることを示している。

アメリカのインフレ率は、2022年を通して見られた空前の高率から冷めつつある。

消費者物価指数(CPI)で測定されるインフレ率は11月に前年同月比7.1%上昇し、10月の同7.7%を下回った。これはアメリカ労働統計局(BLS)の発表した最新データによるものだ。11月の上昇率は、ブルームバーグが調査したエコノミストの予測値の7.3%を下回り、2021年12月以降で最も低い前年同月比になった。

11月のCPI(季節調整済み)は前月比で0.1%上昇し、エコノミストが予想した0.3%を下回った。11月の上昇率は10月の前月比上昇率の0.4%を下回っている。BLSは12月13日の発表で、前月比の上昇に最も貢献したのはシェルター(家賃・宿泊費)だと指摘した。

変動の大きい食品とエネルギー価格を除いたコアCPIだけを見ると、前年同月比6.0%の上昇だった。これは予想の6.1%をわずかに下回るものだ。10月のコアCPIは、同6.3%上昇した。

さらに、ブルームバーグが調査したエコノミスト予測値は、11月のこの指標について前月比0.3%上昇と予想しており、前月と変わらなかった。コアCPIは0.2%上昇し、2021年8月以来の低い上昇率になった。

エネルギーは10月の1.8%増の後、11月は1.6%減となった。この指数は、調整前の数値で見ると前年比13.1%上昇し、10月の前年比上昇率より緩やかな上昇となった。エネルギー価格は数カ月間下がり続けている。

11月の食料費と住居費は、季節調整済みの月間上昇率がそれぞれ0.5%と0.6%で、前月に比べて上昇率が小さくなっている。調整前の住居費の価格指数は、前年同期比7.1%増で、依然として高い水準にある。食品も前年同期比ではまだ高いが低下してきている。食料品の価格指数は前年同期比10.6%増だ。

あわせて読みたい

Popular