無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


KINTOのユニマグなら、あったか〜い茶葉のお茶がカンタンに飲める。食洗機・電子レンジもOK|Better Shopping

KINTOのガラスカップ

撮影:高橋真紀

温かいお茶をいつだって飲みたい。

ただ、ティーバッグは便利だけど、開けるたびにゴミが増えてしまうのが気になっていた。

ならば、茶葉で売られているようなハーブティーや中国茶を、とも思うが、1杯分のために急須やポットを用意するのも正直めんどくさいというジレンマ……。

ポット不要。1杯分だけの手軽さがいい

KINTOのガラスカップ

KINTO UNITEA 「ユニマグ」350ml 1650円(税込)

撮影:高橋真紀

そんなわがままを受け入れてくれたのが、KINTO(キントー)のロングセラーアイテム「ユニマグ」だった。

ストレーナー(茶こし)と蓋がセットになっているから、茶葉を入れてお湯を注ぎ、ストレーナーを持ち上げるだけでガラスマグから直接お茶を楽しめる。

ポットや急須を洗う手間も省けて、ティーバッグで淹れるくらいの手軽さだ。

KINTOのガラスカップ

紅茶(アイリッシュブレックファスト)を淹れてみた。

撮影:高橋真紀

ストレーナーが大きめで、お湯を注いだ瞬間から茶葉がぶわっと広がった。茶葉が開いていく様子が見えるのも楽しい。

レンジ・食洗機OK。使いやすいデザインも◎

KINTOのユニマグ

ハーブティーや花茶など、見た目もきれいなお茶を淹れるのにもいい。

撮影:高橋真紀

華奢でクリアな見た目とは裏腹に、日常使いしやすい実用性も嬉しい。

蓋とストレーナーの素材には、傷が付きにくく、しなやかな強度がある飽和ポリエステル樹脂を採用。

マグは耐熱グラスのため、冷めてしまったら電子レンジで温めることもできる。食洗機で洗っても問題なし。

ちなみに、他のUNITEAシリーズのユニットと組み替えて使うことも可能。品があって親しみやすいデザインは、朝から夜までどんなシーンにも溶け込んでくれるはずだ。

ストレーナーの底がやや不安定かも……

KINTOのユニマグ

持ち上げてみても、蓋とストレーナーはしっかり密着している。

撮影:高橋真紀

ストレーナーを引き上げたいときは、蓋と一緒に持ち上げることになるが、一気に上げるとストレーナーに溜まったお茶がこぼれるので注意が必要だ。

口コミには、ストレーナーの穴から茶葉が出てくるという書き込みがあったが、実際に使ってみて特に気になることはなかった。

KINTOのガラスカップ

蓋を逆さまにすればストレーナーを置くこともできる。安定感があり、倒れる心配もない。

撮影:高橋真紀

ストレーナーの底は少し丸くなっているため、小皿など平らな場所に置くと少しぐらぐらするかもしれない。

パソコンのケーブルを引っかけて倒しそうなので、個人的には蓋に置くほうがベターだと感じる。

別売りのストレーナーホルダーも可愛いので、ぜひチェックしてみてほしい。

ティーバッグのごみからの解放

ティーバッグ

自宅にあるティーバッグの一部。

撮影:高橋真紀

使いやすさやデザイン性もさることながら、個人的によかったことはティーバッグのごみが減ったことだ。

キッチンのごみ箱に溜まったティーバッグを見るたびに、環境に対するちょっとした罪悪感もあった。

ティーバッグのごみなんてほんのわずかとはいえ、心が軽くなった気がする。

私は来客用にもう1セット購入する予定だ。

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。


Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み