無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2023年に投資すべき「ベストカンパニー」19銘柄。モーニングスター分析「ディフェンシブかつ競争優位」

prime_morningstar_2023

2023年の株式市場見通しは…米投資信託評価機関モーニングスター(Morningstar)は「安全策」向けの「ベストカンパニー」19銘柄をリストアップしている。なお、画像はコロナ危機、ウクライナ危機前の2017年末撮影。

REUTERS/Andrew Kelly

米連邦準備制度理事会(FRB)は12月13・14の両日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催して0.5ポイントの利上げを決定した。

ここまで4会合続けてFF(フェデラル・ファンド)金利の誘導目標を0.75ポイントずつ引き上げてきたが、今回はペースを減速させた。

それでもこの利上げは、年初来株式市場を飲み込み、投資家に高リスク資産からの退避を促してきた流動性低下の問題を助長する恐れがある。

ソフトランディング、ハードランディング、着地がどんな形になるにせよ、遠からず強気のお祭り騒ぎが始まる展開は想像できない。

例えば、米金融大手ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)は2023年の見通しについて、企業収益の伸び悩み(ゼロ成長)を理由に、株価は横ばいで推移すると予測している。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み