無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


景気後退がやってきても大丈夫?…不況に強い仕事、弱い仕事

エコノミストに不況下で最も安全な仕事と最もリスクの高い仕事を聞いた。

エコノミストに不況下で最も安全な仕事と最もリスクの高い仕事を聞いた。

AndreyPopov/Getty Images

  • 不況が迫る中、アメリカの雇用者たちは自分の仕事に不安を抱いている。
  • 本当に不況に強い仕事を見つけるのは難しいが、業界によっては比較的安全な仕事もある。
  • エコノミストに不況下で最も安全な仕事と最もリスクの高い仕事を聞いた。

資産運用大手ブラックロック(BlackRock)が最近発表したレポートは、世界的な不況が迫っていると警告している。

「厳しい経済の見通しにより、レイオフに対する雇用者たちの懸念が急増している」とイギリス在住のグラスドア(Glassdoor)のエコノミスト、ローレン・トーマス(Lauren Thomas)は話す。

トーマスによると、企業の口コミのウェブサイトでは「2022年10月にはレイオフの話題が2倍、インフレの話題が3倍、不況の話題が10倍近く増えた」という。

労働者は、不況が雇用の機会にどのような影響を及ぼすかについて、以前から警戒心を抱いている。2022年夏に人材派遣会社インサイトグローバル(Insight Global)が行った調査では、アメリカの労働者の約8割が、再び不況に陥った場合に職を失うことを心配していると回答している。

本当に不況に強い仕事というのはなかなか見つからないが、ある業界の仕事は他の業界よりも安全なものもある。そこで、労働の専門家やエコノミストに、最も安全な仕事と最もリスクの高い仕事はどのようなものかを聞いた。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み