無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


1日4時間でスタートアップ企業を運営する方法

創業者の多くは、副業として事業を始める。

創業者の多くは、副業として事業を始める。

Ekaterina Goncharova/Getty

  • サムシング・ネイビーの創業者アリエル・チャーナスは、午前10時から午後2時まで働いているという。
  • Insiderは創業者たちに、1日4時間働いてスタートアップを経営し、規模を拡大することは可能かどうかを尋ねた。
  • 副業から起業したような一部の例外を除いては、ほとんどの人が不可能だと答えた。

ファッションインフルエンサーで、アパレルサイト「サムシング・ネイビー(Something Navy)」を創業したアリエル・チャーナス(Arielle Charnas)が仕事をする時間は、かなり短い。

Insiderは2022年12月15日の記事で、彼女の会社が直面する問題について報じた。その中で彼女が働く時間は午前10時から午後2時までだとするインスタグラム(Instagram)の投稿についても触れているる。これは、イーロン・マスク(Elon Musk)ジャック・マー(Jack Ma)マリッサ・メイヤー(Marissa Mayer)といった創業者たちの身を粉にするような働きぶりとはまったく対照的だ。

Insiderは50人以上の創業者にメールを送り、起業家は1日4時間働くだけで成功できるのかどうかについて尋ねた。その結果、ほとんどの人が半日では仕事をこなせないと答えた。

2021年に機材レンタルソフトウェア会社のQuipliを立ち上げたカイル・クレメンツ(Kyle Clements)は、「ほとんどの場合、一般的な午前9時から午後5時の勤務よりも長い時間が必要だ」と述べた。

だが、例外もある。会社を素早く拡大させたいと考える創業者の多くは、フルタイムで取り組まなくてはならないが、一方で、1日2、3時間でも起業や副業をすることは可能だと答えた創業者もいた。

1日2、3時間から始めることも可能

Merchyntの創業者兼CEO、ジャスティン・シルバーマン。

Merchyntの創業者兼CEO、ジャスティン・シルバーマン。

Courtesy Justin Silverman

多くの創業者は、9時から5時の仕事をしながら、副業としてビジネスを始めている。それに当てはまるのがジャスティン・シルバーマン(Justin Silverman)(32)だ。彼はソフトウェア会社でパートナーシップ・マネージャーとしてフルタイムの仕事を続けながら、マーケティング会社Merchyntを運営している。ビジネスを成長させるのに、1日4時間以上もかける必要はないと彼は言う。ソフトウェアエンジニアのオーシャン・ロンクゥイロ-モーガン(Ocean Ronquillo-Morgan)(24)は、1日に3時間ほど副業に費やしている。本業の企業はカリフォルニアにあるが、東海岸で勤務しているため、両方の役割をこなすことができるのだ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み