無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界最大のチップメーカーがアメリカに工場を作る理由…ビジネス的な課題があっても、補って余りある利点とは

TSMCの創業者、モリス・チャン(左)と握手を交わすアップルのティム・クックCEO(右)。

TSMCの創業者、モリス・チャン(左)と握手を交わすアップルのティム・クックCEO(右)。フェニックスで建設中のTSMCの工場にて2022年12月6日撮影。

Ross D. Franklin/Associated Press

  • 台湾を拠点とする世界最大のチップメーカーのTSMCは、アリゾナ州の工場建設に400億ドルを投じることを発表した。
  • TSMCの創業者は以前、アメリカへの進出を「高額で無駄な行動」と呼んでいた。
  • しかし、この投資は地理的多様性の実現や、アメリカからの支持を強化することに繋がる可能性がある。

世界最大の半導体チップメーカーのTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing)は、アメリカに向けて史上最大の海外投資を行うことを発表した。同社のトップは過去に、アメリカでのチップ生産について懐疑的な発言をしていた。

TSMCは2022年12月13日、アリゾナに2つめの工場を開設することを発表し、アメリカへの投資を120億ドル(約1兆5700億円)から400億ドル(約5兆2400億円)に増やした。だが同社創業者のモリス・チャン(Morris Chang)は過去に、この投資が同社にとってもアメリカにとっても賢明ではないと主張していた。

チャンは2022年4月、アメリカでのチップ生産を増やす動きについて、製造業での人材不足や「アメリカでのチップ生産コストは台湾より50%も高い」という彼自身の意見を理由に、「高額で無駄な行動」だとブルッキングス研究所のインタビューで語っていた。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み