無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ツイッター、他のSNSの「無料広告」を禁止に…ツイートは削除、アカウントは凍結

ツイッター

Chesnot/Getty Images

  • ツイッターは12月18日、特定のソーシャルメディアプラットフォームに対する「無料プロモーション」の禁止を発表した。
  • 同社は一連のツイートで、ユーザーがフェイスブックやインスタグラムなどのアカウントを宣伝することができなくなったと述べた。
  • ツイッターの元CEO、ジャック・ドーシーは、「なぜ?」と問いかけている。

ツイッター(Twitter)の公式サポートアカウントは、同社のユーザーが他のソーシャルメディアアカウントを宣伝することを認めないと発表した。

同社は2022年12月18日に一連のツイートで「ツイッター上での特定のソーシャルメディアプラットフォームの無料の宣伝」に終止符を打つと述べ、具体的にはインスタグラム(Instagram)、マストドン(Mastodon)、Truth Social、Tribel、Nostr、Postを禁止の対象として名指しした。

具体的には、他のソーシャルプラットフォームの宣伝のみを目的として作成されたアカウントや、以下のプラットフォームへのリンクやユーザー名を含むコンテンツは削除される

Facebook、Instagram、Mastodon、Truth Social、Tribel、Nostr、Post

ツイッターの共同創業者で前CEOのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)は、方針の変更に対して一言だけツイートしている。

「Chief Twit」のイーロン・マスク(Elon Musk)は、18日の午後、あるユーザーへの返信で、ドーシーの問いかけに間接的に答えたようだ

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み