無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


副業のYouTube動画で月収最高250万円。会計事務所を辞めた20代カップルが経済的自由を達成できた訳

ステフ・ゴードンとデン・マトゥは、2021年に本業を辞め、フルタイムでコンテンツ制作に専念している。

ステフ・ゴードンとデン・マトゥは、2021年にそれまでの本業を辞め、フルタイムでコンテンツ制作に専念している。

Courtesy of Steph Gordon and Den Mathu

26歳のステフ・ゴードン(Steph Gordon)と27歳のデン・マトゥ(Den Mathu)は、経済的自立を達成するために計画を立てていた。2人とも20代前半で「BIG4」と呼ばれる会計事務所に就職、徐々に昇給するごとに収入から貯蓄に回す比率を上げていった。

ゴードンはプライスウォーターハウスクーパース(PricewaterhouseCoopers)の人事部門に勤務し、マトゥはデロイト(Deloitte)でコンサルタントとして働いていた。

カナダのトロントに住むこのカップルは、当時、収入の約60%を貯蓄・投資するまでになっていたという。彼らは収入のほとんどを貯め続けるつもりであり、30歳までにそれぞれがミリオネア(億万長者)になることを目標に掲げていた。

「ミリオン、つまり100万ドル(約1億3500万円、1ドル=135円換算)という数字は重要ではないんです。100万ドルという金額は、富を築くことの象徴として掲げています」と、ゴードンはマトゥと共同制作しているYouTubeチャンネルの動画で強調している。そして、彼らにとっての富とは「自由、時間、そして将来の経済的安定」を意味するのだ、と。

彼らは2021年秋に計画を軌道修正した。本業を辞め、副業だったキャリアとファイナンスのナビゲートに関するYouTube動画の制作を本格的に事業化することにしたのだ。

100万ドルの純資産を築きたいという思いは変わっていないが、誰かのために働くよりも、自分たちのために働いた方がそれをより早く実現できるかもしれないと考えたのだ。そしてこれまでのところ、その考えは正しい。

ゴードンとマトゥがコンテンツ制作に専念するために会社を辞めてから、約1年が経過した。

「トータルで見て、このビジネスから得られた収入のほうが、以前の仕事の給与の合計よりも多かった」とゴードンは明かす。Insiderが閲覧した資料によると、2022年、2人は月に最大2万6000カナダドル(約260万円、1カナダドル=100円換算)の収入を得ていた。

「それをさらに増やすことが、これからの目標です」と彼女は言う。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み