無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「フォートナイト」のエピック・ゲームズ、米FTCと700億円以上の制裁金で和解…子どものプライバシー侵害などで

2019年10月29日、フランスのパリで開催された「パリ・ゲームウィーク」で、エピックゲームズが開発したビデオゲーム「フォートナイト」をプレイするゲーマー。

2019年10月29日、フランスのパリで開催された「パリ・ゲームウィーク」で、エピック・ゲームズが開発したビデオゲーム「フォートナイト」をプレイするゲーマー。

Photo by Chesnot/Getty Images

  • 大ヒットビデオゲーム「フォートナイト」を制作したエピック・ゲームズが、FTCに過去最高額の5億2000万ドル(約713億円)の罰金を科された。
  • FTCは数十年前に制定された子供のプライバシーを保護する法律に同社が違反したと主張している。
  • FTCはまた、エピックが若年層のユーザーをだましてゲーム内通貨を買わせたと非難した。

人気ビデオゲーム「フォートナイト(Fortnite)」を制作したエピック・ゲームズ(Epic Games)が子どものプライバシーを侵害したことに対して過去最高の5億2000万ドル(約713億円)の罰金を科すと、アメリカ連邦取引委員会(FTC)が2022年12月19日に発表した。

FTCは声明で、エピックは児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)違反で2億7500万ドル(約377億円)、さらにFortniteユーザーを騙して不要な買い物をさせたとして2億4500万ドル(約336億円)の罰金を支払わなければならないと述べている。

ノースカロライナ州の裁判所に提出された訴状の中でFTCは、エピックが両親に通知せず、同意も得ずに13歳未満のフォートナイト・ユーザーからデータを収集することで、数十年前からのプライバシー要件であるCOPPAに違反したと申し立てている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み