無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


老舗メディアWSJがTikTokチャンネル開設。「コンテンツをTikTokで配信しないとチャンスを逃すことになる」

tiktoklaunch-eye

※この記事は、ブランディングを担う次世代リーダー向けのメディアDIGIDAY[日本版]の有料サービス「DIGIDAY+」からの転載です。

ウォールストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal:以下、WSJ)は、最近導入したTikTok(ティックトック)チャンネルで、ほかの多くのレガシーパブリッシャーに続き、Z世代や若いミレニアル世代のオーディエンスにアプローチしようとしている。これらの世代の消費者の多くが、TikTok(ティックトック)でニュースを入手しているためだ。

WSJは2022年10月3日にTikTokチャンネルを開設して以来、3万7,000人以上のフォロワーと60万個の「いいね!」を獲得するまでに成長した。このチャンネルは、キャリア、パーソナルファイナンス、テクノロジーという3つの柱を中心に構成されている。また、Twitterの最近の変化やテイラー・スウィフトのコンサートチケット販売などといった、トレンドのニュースを取り上げた動画もある。

パブリッシャーもTikTokを有効活用

先日発表されたロイター研究所(Reuters Institute)とオックスフォード大学の調査報告では、18歳~34歳までの人の15%がニュースを目的にTikTokを使っていることが明らかになった。この調査によると、現在、世界のニュースルームの上位約半数がTikTokに定期的に投稿しているという。ワシントン・ポスト(The Washington Post)の人気TikTokチャンネルには150万人のフォロワーがおり、Voxバイス(Vice)、BuzzFeedロサンゼルス・タイムズ(The Los Angeles Times)、コンデナスト(Condé Nast)も最近、TikTokでの取り組みを拡大させている。

あわせて読みたい

Popular