無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


寒い時期のランニングがもたらす3つのメリット

寒い中走る人

運動生理学者のトム・ホランドは、寒い時期のランニングではウェアで四肢を覆うことが最も大切だと話している。

amriphoto/Getty Images

  • 運動生理学者のトム・ホランドは、外が寒い時期には走ることをみんなに勧めている。
  • 寒さの中で走ることは、暗い季節の気分や免疫力を高めるのに役立つとホランドは話す。
  • また、暑い時期に走るよりも、寒い時期に走る方が体への負担が少ないという。

寒い季節になると、ほとんどのカジュアルランナーは家の中にいることを選ぶかもしれないが、運動生理学者のトム・ホランド(Tom Holland)によると、実は冬はランニングに最適な季節なのだという。

寒い時期のランニングには大きなメリットがあるだけでなく、暑い時に走るよりも体への負担がずっと少ないとホランドは言う。

ホランドはInsiderに、寒い中で走ると気分が良くなり、免疫システムが向上して冬の病気に強くなる可能性さえあると語っている。

着るものはタイトな1枚と帽子、手袋

ポッドキャスト「フィットネス・ディスラプテッド(FITNESS DISRUPTED)」のホストでもあるホランドは、寒い時期にランニングする際は、手や耳を温かく保つなど、重要な優先事項がいくつかあると話している。

「寒い日にマラソンをする人々を見ると、エリートランナーはタンクトップと短パンを着て、それに帽子と手袋を身に着けている」と彼は言う。

ホランドによると、寒い時は体の芯を温めることが優先され、心臓から遠い部分には血液が十分に行き渡らないという。

体の他の部分については、温かくなり過ぎないようにしてほしいとホランド氏は話す。 外に出た時に凍えるのはよくないが、走るとすぐに体が温まるため、寒さを感じるくらい服装の方がいいという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み