無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


プーチン大統領、ウクライナでの「極めて困難」な状況を認める

2022年12月19日、ベラルーシ・ミンスクの独立宮殿で記者会見に臨むロシアのウラジーミル・プーチン大統領。

2022年12月19日、ベラルーシ・ミンスクの独立宮殿で記者会見に臨むロシアのウラジーミル・プーチン大統領。。

Getty Images

  • プーチン大統領は、ロシアがウクライナで「極めて困難な」状況に直面していると述べた。
  • ウクライナでの戦争が計画通りに進んでいないことを認めるのは珍しいことだ。
  • 一方、ゼレンスキー大統領は、ロシアが何カ月も攻略しようとして失敗している都市にいるウクライナ軍を訪問した。

ロシアのウラジミール・プーチン(Vladimir Putin)大統領は2022年12月20日、ウクライナ占領地の状況は「極めて困難」であり、戦争がロシア軍にとって計画通りに進んでいないことを珍しく認めた。

ロイター通信によると、プーチンはビデオ演説で「ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国、ケルソン地方とザポリージャ地方の状況は極めて困難だ」 と述べた。プーチンは、9月に不法に併合したウクライナの4つの地域に言及したが、当時もロシアはこれらの地域を完全に占領していたわけではない。ロシア軍はその後、これらの地域で地勢を失い、11月には、ロシアが2月末に侵攻を開始してから最初に占領した主要都市であるヘルソン(ケルソン)から撤退した。

プーチンは、この戦争がどのように進んでいるかについて概して楽観的で、紛争の初期には、ロシア軍への批判を事実上犯罪とする法律に署名した。自国の軍に関する「フェイクニュース」を広めたロシア人は、最長で15年間、投獄される可能性がある。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み