無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ノーベル賞経済学者のクルーグマン氏、マスクとSBFを「オリガルヒ」と批判…「情報技術による巨万の富がカルトを生んだ」

サム・バンクマン-フリード

Getty Images

  • ノーベル賞経済学者のポール・クルーグマンが、イーロン・マスクとサム・バンクマン-フリードを「オリガルヒ」と非難した。
  • 「マスクが持つ莫大な資産により、彼のビジネスが停滞したとしても、ファンはずっと忠実でいられるのだろう」
  • 「情報テクノロジーによって築かれた巨万の富が、本格的なカルトを生み出している」とクルーグマンは述べている。

イーロン・マスク(Elon Musk)やサム・バンクマン-フリード(Sam Bankman-Fried)といったテック界の突出したリーダーは革命家としてもてはやされてきた。だが、ノーベル賞経済学者のポール・クルーグマン(Paul Krugman)は彼らを激しく非難し、今の「短気なオリガルヒ」の時代を彼らが体現していると、2022年12月19日にニューヨークタイムズに掲載された寄稿文で述べている。

「大きな特権を得た者は、その振る舞いが良くないとは決して言わないような人々に囲まれている。だからこそ、イーロン・マスクが風評によって自滅していく大騒動を目にしても、私は驚かない」と、マスクによるツイッター(Twitter)の買収や、物議を醸している彼の運営手法に言及している。

「さらに興味深いのは、なぜこのような人たちに我々が支配されているのかということだ。それは我々が『短気なオリガルヒ』の時代に生きているからだ」

クルーグマンのコメントは、マスクによる混乱したツイッター改革に向けられたものだ。この改革をきっかけに、マスクの運営手法政治的なツイートに対して厳しい目が向けられるようになった。クルーグマンはツイッター買収以前からマスクを声高に批判しており、2021年の寄稿文では彼を「危なっかしい億万長者」と呼び、ツイッターが「マスクポカリプス(Muskpocalypse)」に陥る危険性があると警告した。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み