無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「最大のリスクはありふれた風景に潜んでいる」…2023年の世界経済のリスクをチャールズ・シュワブが予測

北京の夕方のラッシュアワー。

北京の夕方のラッシュアワー。

Kevin Frayer/Getty Images

  • 住宅ローン危機とインフレの再加速は、2023年に市場が直面する大きな世界的リスクになりそうだ。
  • 「典型的な一年における最大のリスクは、ありふれた風景の中に潜んでいることが多い」と、チャールズ・シュワブのチーフ投資ストラテジストは述べている。
  • そのほか、中央銀行による過剰な利上げや、ウクライナにおけるロシアの戦争拡大もリスクになるとしている。

世界各国での金利の急上昇、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する中国の規制緩和。チャールズ・シュワブ(Charles Schwab)は2022年に生じた主要な出来事のうち、これらを2023年の世界市場のリスクになりそうなものとして挙げている。

8兆ドル超の資産を管理する金融サービス会社であるチャールズ・シュワブは2022年12月19日、「予期せぬ出来事を特定」するために、「2023年に投資家が直面するリスク」トップ5を発表した。このリストは株式市場が大幅に下落する中で発表された。

S&P500MSCIワールド・インデックスは2022年、ともに20%近く下落した。投資家はこの間、ロシアのウクライナ侵攻、侵攻後に起きたエネルギー価格の高騰、インフレの熱を冷ますための中央銀行による利上げをくぐり抜けてきた。

チャールズ・シュワブのチーフ・グローバル投資ストラテジスト、ジェフリー・クライントップ(Jeffrey Kleintop)はこう書いている。

「歴史を見ればわかることだが、最大のリスクはたいていは不意打ちで来るのではなく(中略)むしろありふれた風景の中に潜んでいる場合が多い。リスクが出現するのは、ある事柄がうまくいかないことに対して、多くの市場参加者が確信を抱いているときだ」

以下では、チャールズ・シュワブが予想する「2023年のグローバルリスク」トップ5を順不同で紹介しよう。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み