無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


老廃物が溜まった毛穴に…角栓を“浮かせて拭き取る”からお肌に優しいケア用品

2022-12-11-18.48.19-scaled

photo:にしやまあやか

こちらの記事はルーミーから一部編集の上、転載しています。

長引くマスク生活やテレワークで、スキンケアが疎かになっていないだろうか?

かくいう私も、マスクから下はノーメイクなんて日常茶飯事。毛穴のケアどころか、毛穴の存在すら忘れるレベルだった。

しかし、ある日鏡を見て愕然。たるんだ意識はバッチリいちご鼻になって現れていたのだ。慌てて試してみたのが、Amazonのスキンケア部分パック部門で上位を記録するワンデイズユーの「ノーモアブラックヘッド」。

かなり強気な商品名に惹かれて、半信半疑で使ってみた。

ノーモアブラックヘッド」おすすめポイント

・簡単スリーステップの毛穴ケア

・角栓を抜いたり押したりしないからお肌に優しい

・敏感肌にも使える低刺激


老廃物は“浮かして”毛穴は“引き締め”

2022-12-11-18.48.19-scaled

photo:にしやまあやか

こちらがその「ノーモアブラックヘッド」。

中央にドンと描かれた鼻のイラストがインパクト大。

2022-12-11-19.31.41-scaled

ポンプを押すと、シャバシャバの液体が出てきた!

61AAHtIwpjL._AC_SX679_

この液体が毛穴に詰まった老廃物や皮脂を柔らかくして、表面に浮かしてくれる仕組みだそう。主要な成分はハマメリス水とツボクサエキス。どちらも引き締め&沈静に優れた成分ということで、老廃物を拭き取った後の毛穴も目立ちにくくしてくれそうだ。

毛穴を見つけると、つい角栓をぎゅっと押し出してしまいたくなる。でもこれがお肌にダメージを与えているかもしれないのだとか。その点、「ノーモアブラックヘッド」は角栓を抜いたり押し出したりしないので、よりお肌に優しく毛穴ケアができるよう!

コットンに染み込ませてパック

2022-12-11-18.04.32-scaled

それでは試してみよう。

ノーモアブラックヘッド」でコットンをヒタヒタにし、それ鼻周りに貼り付けたら15〜20分待機。

気になる毛穴は……?

2022-12-11-18.50.59-2-scaled

時間になったらコットンを外し、拭き取る。そのままコットンを使ってくるくると拭き取っても良いのだが、今回はわかりやすいように拭き取りに黒綿棒を使ってみた。

2022-12-11-18.50.59-3

撮影時には気づかなかったのだが、先ほどの写真の鼻をズームしてみると、鼻頭にかすかに白い皮脂のようなものが浮き出ているように見える……ような!?

2022-12-11-18.35.37-scaled

黒綿棒にも白いものが付いていた。「ノーモアブラックヘッド」、期待できるのかも?

拭き取ったあとはぬるま湯で洗い流してケア終了。当初は半信半疑で使ってみたアイテムだったがが、かなり良い感じ。 使用後は、ゴワついていた肌が少しツルッとした印象で気持ち良かった

2b530e80c7d0de90885e285c5d798063

その後も2〜3日に1回くらいのペースで使ってみて、使用前後を比べてみるとこんな感じ。劇的な変化があったわけではないものの、ベタッとしていた肌がさっぱりし、毛穴の黒いプツプツも少し目立たなくなったような気がしている。

ペパーミントの香りがちょっと強いかも

2022-12-11-18.05.00-scaled

全体的に満足しているものの、気になった点が1つ。それは、コットンをつけた瞬間にブワッと押し寄せるミント系の香り

ハッカと聞いてイメージする香りに近い印象で、ちょっと懐かしい感じがした。香りのせいか、肌に触れた時の清涼感もやや強め。コットンパックをしている間はずっとスースーする。

我慢できないほどではなかったので、時間通りにパックをし続けた。その後赤みなどが現れることはなかったので、やはり清涼感が強いだけなのかな?

とはいえ、何度か使ううちに、香りと清涼感に慣れてきた。念のため、私の使用感はご参考までに。もしご自身のお肌に合わない場合は、無理な使用は控えよう!

ノーモアブラックヘッド」おすすめポイント

・簡単スリーステップの毛穴ケア

・角栓を抜いたり押したりしないからお肌に優しい

・敏感肌にも使える低刺激

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み