無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


同じ曲を繰り返し聴くとどうなるのか…クリスマスソングは小売店従業員にとっては「拷問」

ホリデーシーズン

The Good Brigade/Getty Images

  • 年の瀬も押し迫ったこの時期、仕事中に耳にするホリデープレイリストに怯え始める店員もいる。
  • Change.orgの嘆願書で、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」を拷問に例えた人がいる。
  • ブルームバーグによると、音楽プレイリストは、買い物客を「完璧な気分」にさせるために専門家によって入念に作成される。

マライア・キャリー(Mariah Carey)のヒット曲「恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas is You)」は、毎年ホリデーシーズンになると電波を支配する。この曲が毎年戻ってくることを喜ぶ人もいるかもしれないが、小売店の従業員はうんざりしているようだ。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、Change.orgでは1994年に大ヒットしたこの曲の廃止を求める嘆願書が少なくとも3通作成されていたという。

ある請願者は、小売店とラジオでこの曲を禁止するよう、アメリカ連邦通信委員会(FCC)に助けを求めている

この請願者、マーク・Rは、繰り返されるホリデー音楽を「音楽的拷問」にたとえ、キャリーの曲を「ホリデーラジオと店内オーバーヘッド音楽の両方で広く放送されているため、ホリデーの恐怖とキャビンフィーバー(屋内に長期間閉じ込められることによって生じるストレス)の象徴」と呼んでいる。

しかし、小売店で働く人たちが途方に暮れているのは、キャリーのキャッチーな名曲だけではありません。年末になると、誰もが知っているホリデーソングが何曲もプレイリストに載り、お客さんが買い物や食事をする間、何時間も流れ続けるのだ。

ブルームバーグによると、オールドネイビー(Old Navy)とギャップ(Gap)はハロウィンの前に、ウォルグリーン(Walgreens)とバーリントン(Burlington)はブラックフライデーを待って、クリスマスの曲を流し始めたという。

レネル・カッツナー(Lenell Kutzner)は、2回のホリデーシーズンに食料品店で働いた時、特に1984年にヒットしたワム!(Wham!)の「ラスト・クリスマス(Last Christmas)」で「傷を負った」とWSJに語っている。

「安らぎのひとときを得ることができなかった」とカッツナーは言い、トイレでさえも流れていたからだと付け加えた。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み