無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「マネースクリプト」を捨てて、自分が情熱を注げるものに投資…彼女が経済的成功を得た方法

ステイシー・ティスデイル

「憧れの職業に就いたにもかかわらず満たされていなかった」というステイシー・ティスデイル。何が転機になったのだろうか?

Stacey Tisdale

ステイシー・ティスデイル(Stacey Tisdale)は、夢の職業だった金融ジャーナリストとして働いていた。取引先はウォール・ストリート・ジャーナル、CBS、CNNなど業界最大手の報道機関だ。しかしこの成功にもかかわらず、彼女は満たされていなかった。大きなストレスを感じており、自分のお金に関して最善の決定ができていなかったのだ。

ティスデイルはInsiderに対し、「安全地帯にいましたが、行き詰まっていました」と語る。

「ストレスがひどかったし、次のステップについて迷っていました。金融ジャーナリズムの世界で働き、お金の上手な管理を助ける仕事は続けたかったのですが、やり方を変えなければならないと思っていました」

最終的に気づいたのは、自分が恐れているということだった。彼女は常に、自分に期待されていることをしてきたのだ。

「自分がいる場所や持っているものだけで十分だし、そこから抜け出そうとするのは馬鹿げたことだと思い込んでいたんです」

彼女は自分の人生の変革に取り組み始めた。ある日、CNNでレポートしていた時、ふと自問した。お金について正しく理解することが、こうも難しいのはなぜだろうと。日々のお金の管理だけでなく、経済的成功への備えという点でもだ。

この疑問に加え、自分自身がお金と正しく付き合って、従来の障壁を打破したいと願っていたこともあり、彼女は6年間かけて金融行動について勉強した。従来のモデルから脱却して自分の情熱に投資するために、経済的自立の実現を妨げる原因について研究したのだ。

彼女の探究はある金融行動、すなわち「マネースクリプト(money script:お金についての台本)」の研究として結実した。「マネースクリプト」とは『Conscious Finance: Uncover Your Hidden Money Beliefs and Transform the Role of Money in Your Life』の著者であるリック・ケーラー(Rick Kahler)が作った用語で、お金とその仕組みについて、生まれた瞬間から始まる条件付けの結果、獲得した思い込みのことを指す。

ティスデイルによると、マネースクリプトには主に3つあるという。

あわせて読みたい

Popular