無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


人生を豊かに過ごすため、自分への投資を。STOCK POINT 土屋清美氏

stock_point_tuchiya

ストックポイント 土屋清美 代表取締役

STOCK POINT, Getty Images

Money Insiderでは、2023年も「もっとお金の話を楽しもう! 」と願っている。

そこで、年末年始の特別企画として、フィンテックの経営者たちに新年への想いをアンケート取材を行った。その回答を、12月28日から1月5日まで、毎日1名(全9名)ずつ掲載していく。

本記事では、世界で初めての株価連動型ポイント運用システムを開発し、サービスを提供しているSTOCK POINT(ストックポイント)株式会社の土屋清美 代表取締役の回答を紹介。今注目しているトレンドや新しい事業構想、そして自身のパーソナルファイナンス計画など、ざっくばらんに回答してもらった。


Q. 2023年に注目しているニュースやトレンドは?

個人投資家のすそ野拡大、NISA枠拡大を注目しています。

2024年度開始なので23年度に直接の効果はありませんが、政府がもう何十年も前から言っている「貯蓄から投資へ」が、今回こそ日本人の個人の資産形成に影響を与えるのかどうか、期待を込めて注目しています。

政策面だけでなく、なにが個人を動かす動力となるのか、前向きな施策がいろいろ展開されてみんなが前向きに取り組めるようになることを期待しています。

Q. 2023年、事業ではどんな新展開を考えていますか?

2022年の秋に、「ココカブ」という新サービスを開始しました。これは、生活者が普通の生活を送る中で、企業の株式に連動するポイントを受け取れるという、世界初のサービスです。

投資や運用と言うと、どうしても「特別なモノ」と考えてしまいがちですが、生活の中でひとつの商品を買う時でも、それはそのお金が企業の事業収益となり、企業活動の源泉になっていることを意識し、だから、私たちも将来に残ってほしい「素晴らしい企業」の商品を選んで買う賢い消費者でなければならない、というメッセージを込めています。

このサービスが多くの企業、そして多くの生活者の皆さんに支持されるようになること、それが持続可能な社会を作る力にもなるように、と考えています。

Q. 2023年、個人的なお金分野における挑戦は?

今更ですが、自分のためになる「お金の使い方」を、今年も考えて過ごしていきたいと思っています。

お金を殖やすことも、積立投資やいくつかの株式保有(中長期で保有)で取り組んでいるのはそのまま継続。殖やす方に自分の頭と時間を使うよりも、それをどう使うかを考えていきたい。

もう人生の折り返しをとっくに迎えた今、これからの人生を豊かに充実して過ごすために、自分への投資を考えたいと思っています。

去年から、母校の大学の経営評議委員を務めさせていただき、大学も今とても大きく変わろうとしている事などを目の当たりにしつつ、まだ「これだ!」というものは残念ながら見つかっていないので、いろいろな体験をして、いろいろな人とも知り合いながら、なにかを探していきたいと思っています。

土屋清美(つちや・きよみ)STOCK POINT 代表取締役。東京工業大学理学部応用物理学科卒業後、電通国際情報サービス、クォンツリサーチを経て、2006年にSound-F(現Sound-FinTech)を創業。金融ITコンサルティング・システム開発事業を開始。2016年にSTOCK POINTを創業。2017年、世界初となる株価連動型のポイントサービスを開始する。イノベーションにあふれた女性経営者を表彰する“DBJ女性新ビジネスコンテスト2017”ファイナリストを受賞。“EY Winning Women 2017”ファイナリスト受賞、同アジアパシフィック部門にノミネート。

あわせて読みたい

Popular