無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


お金の管理は「入」よりも「出」をコントロールする方が確実。ファンズ 藤田雄一郎氏

funs_fujita

ファンズ 藤田雄一郎 CEO

Funs, Getty Images

Money Insiderでは、2023年も「もっとお金の話を楽しもう! 」と願っている。

そこで、年末年始の特別企画として、フィンテックの経営者たちに新年への想いをアンケート取材を行った。その回答を、12月28日から1月5日まで、毎日1名(全9名)ずつ掲載していく。

本記事では、貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」を運営するファンズ株式会社の藤田雄一郎CEOの回答を紹介。今注目しているトレンドや新しい事業構想、そして自身のパーソナルファイナンス計画など、ざっくばらんに回答してもらった。


Q. 2023年に注目しているニュースやトレンドは?

NISAの適用範囲拡大にポジティブなインパクトを期待しています。今後のインフレ基調を鑑みても、個人が投資で資産形成を行う重要性はより大きくなって来ており、貯蓄から投資へを本格化する必要があると考えています。

複雑なマクロ環境の中で、個人の資産形成をサポートできるサービスニーズはより高まってきていると感じます。またエンジェル税制の見直しなども行われており、今後はより一層、個人が様々な投資商品にアクセスできる環境を整えていく必要があると思います。

それと同時に、個人の金融リテラシーを高めていくことも重要です。高校での金融教育が始まっていますが、社会人でも気軽に金融を学べるサービスも増えてきています。金融教育の普及により、資産運用に対する国民の意識が前向きに変わっていくことを期待しています。

Q. 2023年、事業ではどんな新展開を考えていますか?

2022年はFundsの累計会員登録数が7万人を突破し、これまで約260本のファンドを公開、累計で約280億円の募集を行いました。アクティブユーザー当たりの運用額は150万円を超え、また外部のパートナー企業様との協業もあり、働く世代のための新しい資産運用プラットフォームとして順調に事業を拡大しています。

2023年はより個人投資家がアクセスしやすい資産運用プラットフォームを目指し、流動性の提供や、今まで個人がアクセスできなかった商品への投資機会の提供を行う準備を進めています。マクロ環境が不安定な中でも、個人投資家が安心して資産形成いただけるサービスを提供していく方針です。

Q. 2023年、個人的なお金分野における挑戦は?

パーソナルファイナンスと言えるかわかりませんが、2023年はこれまで以上に「節約」を意識していきたいと考えています。

昨年に引き続き、世界的に不安定な経済環境は継続すると見ています。起業家は外部環境の影響を受けやすい職種。どのような状況になっても生活の基盤に揺るぎが生じないよう、家計もしっかり統制していく必要があります。

基本的にお金の管理は「入」よりも「出」をコントロールする方が確実。使っていないサブスクの解約や、保険の解約や見直しなど、毎月固定でかかっている費用の削減を行いたいと考えています。

藤田雄一郎(ふじた・ゆういちろう)/ファンズ株式会社 代表取締役CEO。早稲田大学商学部卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社。2007年にWEB構築、マーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年に上場企業に売却。2013年に大手融資型クラウドファンディングサービスを立ち上げ、2016年11月にファンズ株式会社を創業。

あわせて読みたい

Popular