無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


TikTokの従業員がアメリカ人記者のデータに不正アクセス…親会社のバイトダンスは情報漏洩調査の一環と説明

TikTokの親会社はアプリを利用しているアメリカ人をスパイしているという報道を一貫して否定している。

TikTokの親会社はアプリを利用しているアメリカ人をスパイしているという報道を一貫して否定している。

CFOTO/Future Publishing via Getty Images

  • ティックトックの所有者であるバイトダンスは、従業員がアメリカのジャーナリストや民間人のユーザーデータにアクセスしたことを認めたと、ニューヨーク・タイムズが報じた。
  • バイトダンスは今回のデータ収集は社内のリーク元を追跡するため試みの一部であると述べている。
  • この発表は、ティックトックが以前に発表した、このアプリはジャーナリストを「ターゲット」にしたものではないとする声明と矛盾するものだ。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)が2022年12月22日に報じたところによると、ティックトック(TikTok)の親会社バイトダンス(ByteDance)は、一部のスタッフが2人のジャーナリストを含むアメリカ市民のユーザーデータに不適切にアクセスしたと従業員に通知した。

プライバシーに関する懸念でアメリカの議員から監視の目を向けられている中国のバイトダンスは、NYTが入手した電子メールで、報道機関への内部リークを追跡する試みの一環としてデータが収集されたことが調査の結果で分かったと従業員に伝えたという。

NYTによると、この試みに参加したアメリカ在住の社員2名と中国在住の社員2名が解雇され、リークした者の摘発には失敗したという。

TikTokアカウントからIPアドレスなどの機密情報などのデータが収集された2人の記者はバズフィード(Buzzfeed)のエミリー・ベイカー-ホワイト(Emily Baker-White)とフィナンシャルタイムズ(Financial Times)のクリスティーナ・クリドル(Cristina Criddle)だという。NYTによると、2人の記者に関連する他のアメリカ人も標的にされたという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み