無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【佐藤優】2023年に注目すべき3つのキーワードは「半導体・キャンセルカルチャー・インフレと円安」だ

ラジオ放送をする佐藤優さんとシマオ。

イラスト:iziz

シマオ:皆さん、明けましておめでとうございます! 「佐藤優のお悩み哲学相談」のお時間がやってまいりました。いつもは読者の皆さんからこちらの応募フォームにお寄せいただいたお悩みについて、佐藤優さんに答えてもらっています。ただ今回はお正月特別編ということで、編集部から質問が来ています。

2023年、佐藤さんが注目しているキーワードや潮流をいくつか教えてください。ビジネス分野や政治分野はもちろん、テクノロジーやカルチャーなど、ジャンル横断的にご教示いただけたら嬉しいです。

シマオ:2022年お正月の同じ質問では「第三次世界大戦」、すなわちロシアとウクライナの戦争をキーワードに挙げていただきました。その時は「まさか戦争なんて……」と思っていたのですが、本当に起きてしまいました。まさに予言でしたね!

佐藤さん:予言ではありませんよ。公になっている情報を丁寧に見ていれば、可能性を論理的に推測できるということに過ぎません。

シマオ:さすが情報のプロ……。さて、今年のキーワードは何でしょうか?

佐藤さん:2023年のキーワードとしては、「半導体」「キャンセルカルチャー」「インフレと円安」の3つを挙げておきましょう。一つひとつの言葉は、シマオ君もニュースなどで聞いたことがあると思います。

シマオ:はい、あります。

佐藤さん:ただし、重要なのは、それらをつなげて考えてみることです。つまり、連想ゲームのように「論理の飛躍」をさせることで、一連の時代の流れが見えてくるはずです。

半導体から見る国際関係

初詣する佐藤優さんとシマオ。

イラスト:iziz

シマオ:それでは、まず「半導体」から。コロナ以降、半導体不足が深刻だという話はよく聞きますね。自動車を買おうとしても納車は1年も2年も先だとか、Nintendo Switchが手に入りにくいとか……。

佐藤さん:シマオ君は、世界の中で半導体製造が得意な国を一つ挙げるとしたらどこだと思いますか?

シマオ:えっと、やっぱりアメリカかな……。いや、韓国も強かったですよね?

佐藤さん:それらの国も強いのですが、製造という面から見れば圧倒的に台湾です。しかも、台湾積体電路製造(TSMC)という会社1社で、半導体受託製造の世界市場シェアの5割超を占めているのです。

シマオ:たった1社で!? なんでそんなに強いんですか?

佐藤さん:これについては、ひとえに技術力のなせる技です。半導体というのは、集積度を上げるほど性能が良くなる。

そのためにはより微細な加工技術が必要で、ナノメートル(10億分の1メートル)単位の勝負になっています。TSMCはこの技術で世界をリードしており、アメリカの半導体メーカーであっても、製造はTSMCに頼らざるを得ない訳です。

シマオ:なるほど。でも、あまり一極集中するのってどうなんでしょう?

佐藤さん:各国もそれを懸念しています。だから、半導体の問題は、地政学や経済安全保障という問題と関連してくる訳です。

シマオ:経済だけでなく、国際関係にも影響してくる、と。

佐藤さん:その通りです。例えば、中国と台湾の関係を考えてみましょう。

シマオ:中国は台湾を取り入れようと強気で、武力行使も辞さない構えというのは、ワイドショーで見たことがあります。

佐藤さん:一見そう見えますが、中国の産業にとっても台湾の半導体は死活的に重要です。下手なことをして台湾が半導体を輸出しないとなったら痛手ですから、そう簡単に強圧的な手段には出れないはずです。

むしろ中国は、このまま行けば2045年頃には自分たちが世界一の経済大国になると考えている。そうすれば台湾もおのずとついてくるはずで、今無理をする必要はないと考えている可能性があります。

シマオ:なるほど。

佐藤さん:そして、そこに目をつけたのがアメリカです。アメリカが中国のファーウェイ製通信機器を規制したことで米中対立が深まったことは有名ですが、実は半導体においてもアメリカは台湾を取り込もうと腐心してきました。

このあたりの事情は太田泰彦さんが書いた『2030 半導体の地政学』という本に詳しいのですが、アメリカは莫大な補助金を出して、TSMCの工場をアリゾナ州に誘致しました。さらに、台湾と中国との間のサプライチェーンを断ち切ろうという政策を取っています。

シマオ:そんなことをすれば、中国も黙ってはいないでしょうね。それにしても、半導体をめぐってそんな争いがあったとは!

佐藤さん:太田さんはこの本の中で、バイデン大統領の次のような言葉を引用しています。

「釘が1本足りないため、馬の蹄鉄が駄目になった。蹄鉄一つがないため、馬が使えなくなった……」

米国の第46代大統領に就任してからわずか約1カ月後のこの日、バイデンはマザーグースを引用して半導体サプライチェーンの重要性を強調した。

もとの歌詞はこう続く。馬が走れないので、騎士が乗れず、騎士が乗れないので戦いができず、戦いができないので王国が滅びた……。

釘とは半導体チップのことだ。

シマオ:まさに半導体1つで国が亡びる可能性がある、ということですね。

佐藤さん:その通りです。グローバル化は自由貿易を推進してきましたが、今は逆に保護貿易の時代に戻りつつあるかのようです。このように、半導体というテクノロジーを通して国際関係を読み解くことができる訳です。

シマオ:世界はどんどん争いが激化していくのでしょうか?

佐藤さん:必ずしもそうとは限りません。半導体をめぐるサプライチェーンを断ち切ることは、どこの国もしたくない。だとすれば、国家間で多少もめ事が起こったとしても、このネットワークだけは維持しようとする。それは対立を抑止する方向にもつながる可能性があります。

シマオ:できれば、そっちの方向に行ってほしいですね。

文化・思想にまで広がるキャンセルカルチャー

シマオ:2つ目が、「キャンセルカルチャー」ですね。差別的な発言をしたり、過去にハラスメントを行ったりしていた有名人が、SNSなどで大きな反発を受けて社会から排除される動きを指すようですね。差別やハラスメントが許されないのはもちろんですが、過剰なバッシングが起こることも問題になっていますよね?

佐藤さん:はい。キャンセルカルチャーの一番の問題点は文字通り「キャンセル」、つまり無かったことにされてしまうことです。それは有名人の仕事にとどまらず、文化全体にまで及んでいます。

シマオ:文化全体をキャンセル? そんなケースもあるんですか。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み