無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


海外旅行・出張時にあるとおトク&便利なカード決済サービス【2022-2023最新版】

パスポートと飛行機

そろそろ海外旅行にという人は増えている。ただ、円安や燃料費の高騰で、なるべく無駄は省きたいと考えているはずだ。

撮影:小林優多郎

日本を含め各国の行動制限の緩和により、旅行を含め海外渡航の機運は高まりつつある。

全日本空輸(ANA)日本航空(JAL)が12月21日に公開した2022年12月28日から2023年1月5日の予約状況によると、国際線の予約率は2021年度比で、ANAが37.5%増、JALが39.4%増だ。

この年末年始に久しぶりに海外で羽を伸ばすという人も多いだろう。

しかし、コロナ禍前の2019年頃とは異なる円安傾向や、ロシアによるウクライナ侵攻による世界的な燃料高騰により、旅行者にとっては金銭的に苦しい状態が続いている。

そこで、今回は旅行時に必要不可欠な「決済」と「通信」の観点から便利かつお得なノウハウを紹介。本稿では「決済」について、筆者の体験と共に解説する。

クレカは便利だが海外手数料がかかる

駐車料金支払い

ボストンの歩道にあった駐車料金を支払う機械。硬貨に加えて、VisaとMastercardのカードも使える。

撮影:小林優多郎

VisaやMastercardなどといった国際ブランドが付与されたクレジットカードは、旅行先として人気な国では必需品になるといって良い。

けれど、気にしておきたいのは「海外手数料」だ。これは国内発行のクレジットカードを海外の加盟店で利用する際、1回の決済ごとに請求額に上乗せされる事務手数料だ。

例えば、三井住友カードは+2.20%、楽天カードは+1.60〜2.00%(国際ブランドによって異なる)、エポスカードは+1.63などと、設定されている。

料金明細

筆者が11月に三井住友カード発行のクレジットカードで決済した明細。決済タイミングのアメリカドル/日本円の為替は11月11日が高値142.4800円、15日が高値140.6200円だったが、手数料込みのレートは1ドルあたり数円程度で高い。

画像:筆者によるスクリーンショット

ただ、実際の明細には「支払い金額に対して+●●円」という形ではなく、「カード会社規定による現地通貨対日本円の為替レート」で請求金額算出された表示のため、明細を見ても海外手数料の存在をあまり意識できない仕組みになっている。

もし、アメリカで100ドルの決済を海外手数料2%のカードで決済した場合、当日の為替レートが1ドル140円だとすると、単純計算で100ドル×140円×1.02=1万4280円。

この為替レートも、国際ブランドの取り分(手数料)が含まれており、公開市場のレートと比べると割高になっている場合がほとんどだ。

複数外貨に対応した決済サービスで手数料を抑えられる

Revolutの物理カード 決済

Revolutの物理カードで、海外のハンバーガー屋の支払いをしているところ。

撮影:小林優多郎

ちょっとでも無駄な出費は抑えたい、そんな時にオススメなのが複数の通貨に対応するマルチカレンシー口座と紐づいた決済サービスだ。

代表的なサービスだと、イギリスのフィンテックベンチャー「Revolut(レボリュート)」や「Wise(ワイズ、旧称TransferWise)」、ソニー銀行の「Sony Bank Wallet」、JALとSBIグループが共同で提供する「JAL Global WALLET」などがある。

いずれのサービスもVisaもしくはMastercardのプリペイド/デビットカードを発行。日本円と特定の外貨の両替に対応。

また、あらかじめ外貨を購入していなくても決済時に必要ば分だけ両替してくれる「自動両替」機能なども対応している。

主なマルチカレンシー口座対応サービス

12月26日時点の各社ホームページより抜粋。

画像作成:Business Insider Japan

筆者は9月〜11月にかけて、アメリカの3つの地域に出張をしたが、いずれもRevolutをメインの支払い方法として活用してみた。

10月の出張時には、出発日である10月17日にRevolutアプリで日本円からアメリカドルに両替。合わせて公開市場価格と空港内の現金両替のレートを確認した。結果は以下の通り。

  • Yahoo!ファイナンスでの外国為替情報:1ドル=148.4100円(安値)/149.0800円(高値)
  • Revolut:1ドル=約148.84円
  • 空港内両替所:1ドル=151.28円

為替レート

10月17日時点のRevolut(左)と空港内両替所(右)の為替レート。

撮影:小林優多郎

差はわずかではあるものの、かなり実際のレートに近い値で両替できているのがわかる。前述の通り、利用時は、「10ドルの買い物であれば、10ドル分の外貨の残高から引き落とす」形のため、手数料も発生しない。

なお、Revolutの場合は、月額無料のスタンダードプラン加入の場合、土日での両替は一定の手数料が上乗せされる。平日は手数料無料だが、それも月間75万円までとなっている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み