無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【独自】アマゾン「社内向け」2023年経済予測、米景気後退入りは「確率30%」と“超楽観”

アマゾン アンディ・ジャシー

アマゾンのアンディ・ジャシー最高経営責任者(CEO)。2022年は「徹底コスト削減」一色だったが……。

Dan DeLong/GeekWire

大半のエコノミスト、金融機関、シンクタンクが2023年内の景気後退入りを予想している状況だが、アマゾンの社内文書を読むと、同社は例外的に明るい見通しを抱いている模様だ。とりわけ、米経済については。

Insiderが独自に入手したアマゾン社内の11月のマクロ経済分析資料によれば、今後半年以内にアメリカが景気後退入りする確率は30%とされている。

同資料は、直近の統計データが堅調な雇用の伸びと賃金の上昇を示していることを踏まえ、米経済が景気後退入りを回避して低成長を続ける、いわゆるソフトランディングを想定する。

この分析結果は、大手金融機関など他の多くの予測とは全く対照的だ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み