無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


佐藤優が薦める、年末年始に読むべき2冊。逆らう部下、贈与の回復が社会にもたらすもの

サムネイル

イラスト:iziz

シマオ:皆さんこんにちは。「佐藤優のお悩み哲学相談」のお時間がやってまいりました。今年もいよいよ最後回です! コロナの相変わらずのまん延、ロシアのウクライナ侵攻など、波乱の1年でしたね。

さて、いつもは読者の皆さんからこちらの応募フォームにお寄せいただいたお悩みについて、佐藤優さんに答えてもらっています。ただ今回は年末特別編ということで、編集部から質問が来ました!

お正月休みでチェックしておくべきおすすめ本をぜひ教えてください。ビジネス分野はもとより、世界の今後を見つめるような人文学書もおすすめいただけたら幸いです。

上司の命令に背く部下が組織を救う?

命令の不条理

amazon

シマオ:せっかくの年末年始休み、この機会にじっくり読書したいですもんね。佐藤さん、どんな本がおすすめでしょうか?

佐藤さん:まずビジネス関連書として、慶應義塾大学の教授で経営学や組織論を専門にする菊澤研宗さんの『命令の不条理——逆らう部下が組織を伸ばす』をおすすめしておきましょう。

シマオ:逆らう部下、ですか。ちょっと刺激的なタイトルですね。たしかに、僕も会社に所属していて、なんで上の人はこんな判断をするんだろうってガッカリするシーンがけっこうありますが……。

佐藤さん:組織が間違った選択をするのは、トップやリーダーの能力が足りていないからだと考えられがちです。ですが、菊澤さんに言わせると、合理的な選択をしているつもりでも、結果として誤ってしまう場合があるといいます。

シマオ:どうしてでしょうか?

佐藤さん:結論から言うと、人間という存在がそもそも不完全な存在であるということです。これは行動経済学などで明らかになっていることですが、そもそも人間の認知自体に歪みがあるんです。シマオくんは「プロスペクト理論」という言葉は聞いたことがありますか。

シマオ:ちょっと、聞いたことがありません……。

佐藤さん:人間は得をした「嬉しさ」より、損をした「がっかり感」の方を強く感じるという考え方です。

シマオ:どういうことでしょうか?

佐藤さん:例えば株式投資で自分の持っている株が下がってもなかなか損切りができず、ズルズル下がるまで持ち続けてしまう人がいます。なぜそんなことをしてしまうのかと言えば、売らない限り損は確定しないためです。逆に、もう少し待っていればもっと株が上がったのに、たいていの人が早い段階で株を売って利益確定してしまう。

シマオ:もったいないですね。

佐藤さん:しかしこれも、きっと株価は上がるだろという期待感よりも、もし反転して下がったときの「がっかり感」の方が強く感じられてしまうから、結果的には非合理な判断をしてしまう訳です。それゆえに、素人は特に株式投資で失敗しやすいと言われています。

シマオ:なるほど。当の本人は合理的に判断しているつもりなんですね。でも、そこには認知の歪みがあると。

佐藤さん:その通りです。どんなに優秀なリーダーでも、人間である限りバイアスがある。自分では合理的な判断と考えていながら、結果的には不条理な判断をしてしまうものなんです。

シマオ:それで「逆らう部下が組織を伸ばす」というタイトルにつながるんですね。

佐藤さん:そうです。菊澤さんはいかに上手に命令違反をするかが、組織を守る最後の手段だと指摘しています。

シマオ:でも、若いビジネスパーソンが会社や上司の命令に逆らうなんて、なかなか考えられませんよ……。

佐藤さん:それはそうかもしれません。ただ、このような不条理が生まれる構造を知っておくだけでも、一歩引いて、冷静に対応することができるようになると思います。それに、あからさまに命令に逆らわなくても、あえて一生懸命やらないという選択は可能です。

シマオ:なるほど。いちおうやってますよ〜というスタンスは見せておく訳ですね。

難しい本に挑戦することで知性を磨く

力と交換様式

amazon

佐藤さん:もう一冊紹介したいのが、柄谷行人さんの『力と交換様式』という本です。柄谷さんは、私がとても尊敬する哲学者であり文芸評論家です。もともとマルクス主義を研究した人ですが、独自の視点でマルクスを解釈し直し、新たに展開した天才的な人物です。最近は、「哲学のノーベル賞」と言われるアメリカの「バーグルエン哲学・文化賞」を受賞しています。

シマオ:哲学のノーベル賞! すごそうですが、ビジネスパーソンにはどういった点からおすすめなんでしょうか。

佐藤さん:このバーグルエン賞を作ったニコラス・バーグルエンという人は億万長者の慈善家なのですが、投資家としてもシリコンバレーにも通じているんです。そんなバーグルエンの賞をとったということで、いまやシリコンバレーの経営者、起業家たちがこぞって英訳された柄谷さんの著作を読んでいます。

シマオ:そうなんですね! でも、どうしてテック界隈の人たちが哲学書を読むんでしょうか。スティーブ・ジョブズが禅にハマっていたというのは聞いたことがありますが。

佐藤さん:これから先の社会がどうなっていくか、彼らも興味を持っているということだと思います。テクノロジー業界の最先端企業家たちも、今の資本主義の限界を薄々感じているのでしょう。だから柄谷さんに限らず、一見経営とは関係ない、難しい哲学書を競うように読んでいるんです。

シマオ:なるほど。哲学から未来の社会のヒントをもらおうとしている訳ですね。

社会の構造を「交換様式」から読み解く

コタツで本を読むシマオと佐藤さん。

イラスト:iziz

シマオ:佐藤さんすみません、いま目次を見たら、上部構造や下部構造とか、交換様式だとか、難しい言葉が並んでいてとても理解できそうにありません!

佐藤さん:シマオくん、せっかくじっくり時間をかけて読むなら、こういう哲学的な本を読むことで、物事を根本的に考える力をつけることも大事ですよ。

シマオ:で、でも……読破する自信が……。せめて柄谷さんが話している概念に関して、先に少し教えてもらえないでしょうか。ちょっとヒントがないと、この本を読むのは今の僕には難しそうです。

佐藤さん:では、マルクスが提唱した「生産様式」について、先に少し説明してみましょう。柄谷さんの著書の前提知識になりますから。

シマオ:お願いします。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み