無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「インターネット公共圏」は自由と民主主義を取り戻せるか。欧州の個人主義から考える「ソーシャル」の本質

インターネットの公共圏

Bernhard Lang/Getty Images

英国のクリエイティブ・エージェンシーであるWe Are SocialがまとめたDigital 2022 Global Overview Reportによれば、現在、世界中で合計49.5億人がインターネットを利用しており、これは世界の総人口の62.5%に相当する。一方、アクティブなソーシャルメディア・ユーザーは46.2億人で、これらの人々は〈作者〉としての技術的可能性を有している。

6000年を超える文字文明には、ほぼ3億人の作者がいたとされる。彼らは、自身の思想や物語を世界に伝えることができた稀有な人々だった。長い歴史から見れば瞬間にすぎない今、作者の数は一気に10倍以上になっている。

もちろん、誰もが出版社から本を出せるような作者ではないが、自分の思いや感情を、すぐさま世界に向けて発信できる技術的環境を有している点で、これは十分に歴史的な革新である。インターネットがもたらした革命とは、作者の瞬間的で壮大な解放だったのである

インターネット上の作者は、個人である。この無数の個人が集うソーシャルメディアは〈公共圏〉と呼べるのか? それともエゴと憤慨、嘘と事実で溢れた社交空間なのか?

本稿では、欧州の成熟した市民社会で〈個人〉がどのように位置づけられてきたかを紐解くことで、公共圏の成立に寄与する個人主義と公共メディアの再生可能性を問うてみたい。

ハーバーマスが思い描いた公共圏の理想形

1962年、ドイツの社会哲学者ユルゲン・ハーバーマス(1929年〜)の『公共圏の構造転換』が出版された。ハーバーマスは、18世紀の啓蒙主義以降、一人ひとりの個性を重視する「市民的公共性」が生まれたと指摘した。

ユルゲン・ハーバーマス氏

ドイツの哲学者・思想家のユルゲン・ハーバーマス。

360b / Shutterstock.com

ここで言う市民的公共性は、欧州における「個人主義」の成熟でもあった。個人主義とは、国家や社会といった権威に対して、個人の権利と自由を尊重する立場であり、共同体や国家の根拠を個人の尊厳に求め、その権利と義務を説く理念である。

ハーバーマスによれば、18世紀の市民社会において、言論や出版の自由を得て、自由に討論することで市民の政治的な参加が可能となる「公共圏」が生まれた。当然、市民になる前に、人々は個人である必要があった。欧州における個人とは、ルネサンス、宗教改革、フランス革命を経て、堅牢な封建制から解放される自由の歴史でもあった。

公共圏は、専制政治を行う国家権力による「封建化」に対抗して、家族や職場等の私生活の領域を尊重する仲裁役として機能した。ハーバーマスの目的意識を支えたのは、現代社会における市民的公共性の概念が、政治・経済システムの専有物となっていることへの強い懸念だった

ハーバーマスは、19世紀後半に現れた大企業や20世紀のマスメディアが、国家を凌駕する高度資本化と大量消費社会を促進し、公共圏が「再封建化」される構造転換があったと主張した。ハーバーマスは、『コミュニケーション的行為の理論』(1981)の中で、20世紀において再封建化が進み、衰退した公共圏の理想的な姿を取り戻す方法を模索する。

彼は、人と人とが相互の了解を追求・達成するコミュニケーション行為によって、人を理解し、普遍的な社会批判の根拠を有し、より民主的な社会的伝達や交流を可能にするアソシエーション(強制力や営利目的とは異なるしくみで発生し展開する場)に期待を寄せたのである。

2016年、スウェーデン政府観光協会は、24時間365日電話の着信をサポートする世界最大級のスイッチボードを構築。クラウドベースのコンタクトセンターにはスウェーデン市民のボランティア・アンバサダーが登録されており、電話がかかってくるたびにボランティアの中からランダムに1人が選ばれるしくみになっている。スウェーデンは250年前に世界で初めて検閲制度を廃止した国であり、このアソシエーション・プロジェクトは、その自由で自立した個人が自国の電話番号にかけてきた世界中の人々を応対しスウェーデンの観光大使を務めるというものだった。

Svenska Turistföreningen youtubeチャンネルより

プライベートでもパブリックでもない「社交」の本質

あわせて読みたい

Popular