無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2022年に進展した気候変動対策まとめ…未来に希望を与える3つのブレークスルー

コンゴ共和国のオザラ・コクア国立公園に生息する絶滅危惧種、マルミミゾウ。

コンゴ共和国のオザラ・コクア国立公園に生息する絶滅危惧種、マルミミゾウ。

Education Images/Universal Images Group

  • プラスチック汚染や生物多様性の保全に向けた取り組み、途上国への「損失と被害」支援基金の設立などに関し、各国で合意が形成された。
  • アメリカ、欧州連合、オーストラリアは、それぞれがより強力な気候変動対策に関する法律を制定した。
  • 世界では今後5年間で、過去20年間と同量の再生可能エネルギーを利用すると予測されている。

2022年は、気候危機との戦いにおいてさまざまなことがあった。

異常な熱波、ハリケーン、洪水により、世界各地で数千人の命が奪われ、数十億ドルの損害が発生した。これらの災害は、石炭、石油、ガスの燃焼によって増え続ける温室効果ガスの排出削減対策を早急に講じなかった場合に起こる未来の姿を示している。

しかし、地球にとって転換点となるような出来事も少なからずあった。アメリカとオーストラリアにおける気候変動に関する法律の制定、電気自動車や再生可能エネルギー市場の急速な拡大、プラスチック汚染や生物多様性の損失と闘うための国際的な合意などだ。

これらは、2023年以降も地球の生命にとっての希望となるだろう。

プラスチック汚染と生物多様性の保全に向けた取り組みの進展や「損失と被害」支援基金の設立

ケニアのナイロビにあるごみ捨て場を埋め尽くすプラスチックごみ。

ケニアのナイロビにあるごみ捨て場を埋め尽くすプラスチックごみ。

James Wakibia/SOPA Images

世界の指導者たちの2022年は、増え続けるプラスチックごみの問題解決に取り組むと合意したことに始まった。そして動植物の大量絶滅を防ぐために陸地と海の少なくとも30%を保護するという合意をして、その年を締めくくった。

この2つの問題は、いずれも気候変動に関連している。プラスチックは天然ガスと原油から作られるもので生産量は1950年代から急増しており、その大半はごみとなって埋立地に捨てられる。森林伐採や河川の汚染は、野生動物の生息地に害を与えるだけでなく、大気中に汚染物質を放出し、陸地や海が炭素を蓄えて温暖化を遅らせる効果を損なっている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み